先週伺ったボリオリ(BOGLIOLI)の展示会。サトシーノとは別日だったので、ミケーレさんにはお会いできませんでしたが、そのぶんじっくりと拝見させていただきました。

編集部などで、「ボリオリはいい!」と盛り上がっている男性陣、いままでその輪を「へぇ~」と若干遠巻きに眺めていた私。確かに素材はしなやかで極上ですし、干場さんやサトシーノがボリオリを着たときのシルエットはとても美しく、なるほど……とは思っていたのですが、さすがに着てみたことはありませんでした。そもそもメンズですから。
 

でも今回、PRの方の「良かったら試してみません?」の一言に、そっと腕を通してみると……。

なに、この着心地のよさ!? 軽さ!? 極上のブランケットに包まれているような、ふんわりとした優しく懐かしい暖かさは!? 

 

あ、このジャケット着ると、なんだか幸せ……♡

 

という、これまで感じたことのない感覚。調子にのって他のジャケットも試着。

とにかく、ジャケットを着ているという感覚が皆無なんです。究極のカシミヤのカーディガンを羽織っているような? 

もともと、服も靴も着心地重視派でして、最近はその傾向がますます高まっておりますが、ボリオリのジャケットはストレスフリー、などころか、ずっとこれを着ていたい。これ着て即、寝たい(←なんて贅沢な!)

頭の中では「や~さし~さに~ つ~つま~れたなら~♪」という歌詞がぐるぐる。
 

それでいて、シルエットは抜群に美しく、さっと羽織っただけでコーデがサマになる、格上げされた感じに。思わず一着ほしくなりました。ダンナさまが買って、オクサマが借りて使う、アリです。借りたいです。昨今オーバーサイズのジャケットって人気ですし。女性がさらっと羽織ったジャケットが、実はご主人のボリオリだったら……。どれだけ上級者なんでしょう!?

今季は柄物は少なめで、上質な色合い、トーンが目立ちました。まさに日本人男性が好きそうなアイテムばかり。一度はボリオリを通ったという方も、まだ未体験という方も、女性の方も、ぜひ一度腕をお通しください。もれなく気絶いただけること、うけあいです。

 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


AUTHOR

立原 由華里

連載

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE