FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

男の「♯kuTuu」解決策はコレで

2019.11.26 2019.11.26
2019.11.26
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

老舗だからこその、見栄えと履き心地、そして蘊蓄の3本立て

第203回目は、ワシントン プレジデンシャルのウイングチップです。

5万3000円(税抜)/ワシントン プレジデンシャル(銀座ワシントン)

女性がビジネスでハイヒールを強要されることに異を唱えた「♯kuTuu」運動が話題を集めていますが、男性もいくらビジネスとはいえ窮屈な靴を履くことを強いられたら確かに苦痛です。とはいえ、その苦痛の原因は、決して革だからというわけではありません。足型にあっていなければ、スニーカーであっても足は痛いのです。その点、昭和8年創業という日本屈指の老舗靴専門店ワシントンが作る紳士靴は、日々のビジネスにおける相棒として相応しい存在です。

オリジナルとして展開するワシントンの紳士靴。その中でも、ハイエンドモデルとなるワシントン プレジデンシャルは、見栄えと履き心地の両立で人気です。こちらのウイングチップは、フランスの名門アノネイ社製カーフをグッドイヤー製法で仕立てた本格派ながら、日本人の足型に沿ったラストと日本生産により、購入時から足馴染みが良いと評判。見栄えと履き心地だけじゃなく、蘊蓄においても満足させてくれますね。

こちらは国産カーフを採用したプレーントゥ。製法はグッドイヤーです。ヒールのリフトに配したラバーは、前足部にもインジェクション製法で仕込まれており、レザーソールの通気性とラバーの防滑性&クッション性を両立します。3万4000円(税抜)/ワシントン プレジデンシャル(銀座ワシントン)
ウイングチップと同じ、フランスのアノネイ社製カーフを採用したストレートチップ。その上質さはソールでも示され、半カラス仕上げになっています。さらには、出し抜いの糸を表に出さないヒドゥンチャネルに。それでこの価格とは、驚きです。5万3000円(税抜)/ワシントン プレジデンシャル(銀座ワシントン)

昨今スニーカーソールの紳士靴も珍しくありませんが、ちゃんと足型に沿った靴ならば、苦痛は感じないんですよね。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
銀座ワシントン
03-5442-6167
https://www.washington-shoe.co.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO