FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

【立冬過ぎても暖かいから…】エルメスの薄手のカシミアニットも活躍!?

2019.11.16 2019.11.16
2019.11.16
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

オトコってのは 似たような物が好きな生き物です

さて、158回目も「エルメス」。爽やかなカラーリングで…、あれ? どこかで見たことあるような、無いような……、カシミアのVネックニットです。

そう。カラーリングはボディといい、切り替えに使われたネイビーといい、前回のニットと ほぼ同じ(笑)。

ただ、こちらはカシミア100%なんで 若干色合いが異なるし、素材感も違う。パッと見じゃ違いが分からないし、他人にとっては一緒かもしれないんですが…、着てる方にとってみたら 全然別物。

薄手で とにかく柔らかく、肌触りも最&高っ!

もう一着の方は 襟周りや肩部分なんかに特徴があるんですが、こちらは比較的シンプル! Vネック部分が、襟が重なったようなフェイクレイヤードになってるくらいですかね。

コレも薄手なので どちらかというと寒さが残る春先辺りに着るのが正解なんでしょうが、まだまだ本格的な寒さがやって来ないので 今着るのが快適。

もしかしたら 今後の日本の秋冬は コレくらいのニットで十分で、厚手のローゲージニットとか不要になってくるかもしれないですね。カシミアのを頑張って買って いっぱい持ってるっていうのに…。

厚手のカシミアはクローゼットの奥の奥で眠って頂いて、今後は薄手のカシミアを清水ダイブすることにしようかなぁ。

あっ、でもまた似たようなのばかり増えて、奥方に愛想を尽かされるんでしょうね。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO