FASHION ― 干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【90年代の伝説コレクションが蘇る!】
アルマーニが提案する究極のラグスポバッグ

2019.10.24 2019.10.24
2019.10.24
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

カプセルコレクション「NEVE」のバッグで差をつけろ

コンフォートでありながら優雅でセクシー。FORZA世代が理想とするワードローブを体現できるブランドといえば、ご存知ミラノの帝王、ジョルジオ アルマーニ。なかでも、ここ最近のファッションキーワードであるラグジュアリースポーツを極めたエレガントなバックに注目してみました。

今回FORZAがピックアップしたのは、カプセルコレクション「NEVE」の逸品。イタリア語で「雪」という意味を持つウィンターリゾートシーンにマッチするウェアや小物が登場するカプセルコレクションです。このウィンタースポーツのカプセルコレクションが、初登場したのは1995年のこと。当時大人気を博していましたが、昨年満を持して久々に再登場したのです。

ボディバック(32X16X9cm) 10万3000円(税抜)、バッグパック(31X41X17cm)18万3000円(税抜)/ジョルジオ アルマーニ

そんなレア度の高い「NEVE」コレクションをじっくりと味わえるタイムレスなピースがこちらのバックパックとボディバッグ。上質なポリエステル素材は、ジョルジオ アルマーニらしいマットなネイビーカラーを採用しています。

アイコンとなる「NEVE」のロゴは、エレガントなベルベット素材で切り替えることで、唯一無二のラグジュアリースポーツを表現しています。

高級感のあるロゴ入りのシルバーパーツや、肩に負担が少ない丈夫なショルダーベルト、各ジッパーには、止水留めが施されるなど、ファッション性だけでなく機能面もバツグン。大人のリッチなウィンターリゾートにピッタリなアイテムとしておススメです。

ブランド誕生の地ミラノは、スイスとの国境にも近く、ウィンターリゾートとの結びつきがとても強い街。実際、デザイナーであるジョルジオ・アルマーニ氏もスイスのサンモリッツに別荘を持ち、冬には真っ白に染まる静かな世界で、ウィンターバケーションを楽しむ趣味を持っているのだとか。このシックなデザインとカラーなら、リゾートだけでなく、もちろん街中にも溶け込みます。

バックパックなら、ネイビーのスーツやチェスターコートに合わせてワントーンで決めるのもアリ。黒のダウンジャケット&白スニーカーと合わせれば、時短で都会的な大人カジュアルにまとめることができます。ボディバッグは、手ぶらで出掛けたい旅先やドライブデートにめちゃくちゃ便利。両方あれば冬場のどんなシチェーションでも、スタイリングに大人の余裕と貫禄を加えることができるってワケです。ぜひご参考に!


Photo:Shimpei Suzuki
Styling:Yasuharu Imai
Edit:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ジョルジオ アルマーニ ジャパン
03-6274-7070

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO