FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

まだまだ暑さが残るので、八面六臂の活躍を見せるジョンスメのポロ!

2019.10.5 2019.10.5
2019.10.5
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

最近のレギュラーは ヨコシマ。と、旧ロゴのおじぃちゃんカラー!

さて、154回目はジョン・スメメドレーのポロシャツ。最近よく着ている3枚です。

やっと秋らしくなってきたかと思いきや、全然涼しくならないんで、まだまだ半袖。Tシャツばっかりだと さすがに飽きるので、最近はジョンスメのポロにもよく袖を通しています。

ポロは鹿の子派が多いとは思いますが、やっぱりあまり好きになれず・・・・・・。繊維刺激に弱い 僕のワガママこじらせボディには、ジョンスメのシーアイランド コットンが丁度えぇ。

シルクのように繊細な生地なので、柔らかくて滑らかな肌触り。袖通す度に気絶しています。

ホントは旧タグ時代のシーアイランド コットンの方が上質で、肌触りは最&高なんですが、もうほとんど残っておらず…。おじぃちゃんになってから着ようと思ってた、渋めなカラーが数名残ってるだけ。それが逆に今 気分だったりするんですが。

探そうと思って古着屋巡っても デッドストックで見つけられる機会も少ない。

ですので、セレクトショップの別注などから、インラインより触り心地の良さそうなモノを見つけては、買い足し的な清水ダイブを続けています。

このトゥモローランド別注は、なかでも柔らかい肌触り。ボーダーのピッチも太くて、ラガーシャツのようなんですが、触れてみるとフニャフニャ(笑)。

そのギャップもオモロいですし、何かの機会で触れてしまった女子が とにかく驚く。「何これ〜」とか言いながらタッチが増えるので、ホントありがたい道具です。

こちらはインラインなんですが、織りで表現しているボーダーがオモロくて買い足し。柄モノは見かけますが、織りで柄を作ってるジョンスメって あまり見たことがなかったので、こちらは男性に結構珍しがられます。

もちろん着心地重視で選んではいるんですが、どうしてもその先にある何かを求めてしまうのが悪いクセ。

その傾向が如実に現れ、最近はヨコシマな気分がカタチとなって現れているのかもしれませんね。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.9.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO