FASHION ― PROMOTION

【干場イチ推しのスニーカー!】イタリア発、フランスのエスプリも備えたフィリップモデルとは

2019.9.27 2019.9.27
2019.9.27

スニーカーブームに一石を投じる!
干場編集長リコメンのシャープで精悍なニュースニーカー

sponsored by Toyoda Trading

ある日のスタジオ、控え室で準備するFORZAR 高橋勲さんの元に現れたのは、撮影を終えた干場編集長。

なんだか高橋さん、干場編集長が履いてるスニーカーが気になる ご様子で……。実は、いつものように干場編集長に「相談したい」ことがあったみたいですが、それがまさにスニーカーについて。

「新しいスニーカーを買おうと思っているけど、今一番イケてるスニーカーって、どこなのか?」を干場編集長に尋ねようと思っていたら、丁度履いてるじゃないですか!

早速、干場編集長に聴いてみると…、そのスニーカーの名前は「フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)」

フィリップモデルは、2009年に、フランス人のアーティストであるフィリップ・モデル氏と、イタリアの著名な靴デザイナーであるパオロ・ガンバート氏が共同プロジェクトとしてスタートさせたブランド。フランスの芸術的な感性と、イタリアの伝統に基づくクラフツマンシップが表現された独創的な製品作りはハイエンドで、ファッション感度の高い人々の間で瞬く間に注目を浴びました。

一点一点職人の手作業によって作られているのが最大の特徴で、昨今のスニーカーとは一線を画すクールで精悍なイメージ! サイドに配されたエンブレムがブランドのアイコンで、ギラつきも少なく、大人の足元にハマる注目のブランドなんです。

干場 編集長コメント

シューズの幅を指すウィズ(WIDTH)も細くてシャープ。足元にボリュームが出過ぎないので、スニーカーが苦手な方でも取り入れやすく、スポーティ過ぎないのも魅力です。

干場編集長が履くアッパーが迷彩柄のモデルは、ウオッシュド加工が施されたリップストップ ナイロン生地、各所に使用されたスエードも味が出ていて、こなれた雰囲気を醸し出しています。

ヒールカップ部分の赤も効いていて、足元にメリハリを生んでいます!

少しカカトからせり出したアウトソールも特徴で、そこまで厚くは見えませんが、実はインソールが厚めなため かかとの高さが約5.5cmアップ脚長効果も期待でき、スタイルがよく見えるんです!

フィリップモデル TRPX Camouflage 4万9000円(税抜)
トロペX(TROPEZ”X”)は、フィリップモデルの定番トロペ(TROPEZ)の系譜を継ぐ新モデル。最近のランニングスニーカーのトレンドに沿って、より高いソール、全体的な形状をスリム化しています。アウトソールのヒールを反り上げ、ミッドソールを5mm高くして、より高級感を増したデザインに。

干場編集長からのリコメンドを受けて、居ても立っても居られなくなった高橋さんは、撮影で用意されていたスニーカーを試してみることに。

迷彩柄も素敵でしたが、爽やかな高橋さんには白がよくお似合い! 表革とスエードがコンビになったホワイトベースの一足は、クリーンな表情ながら、アウトソールやエンブレムの縁、カカトなど要所要所に取り入れたブラックが効いていて、締まった印象

休日のTシャツにスウェットのようなラフなスタイルでもスタイリッシュに格上げしてくれますし、もちろんビジカジにもピッタリで、確実に八面六臂の活躍を見せてくれます。

じつは、指先に触れる部分とタンの裏はパイル素材になっていて、柔らかい感触で、素足でも快適に履けるんです。

フィリップモデル TRPX Mixage Veau 4万9000円(税抜)
素材は牛革とナイロンメッシュ、トゥーとヒールのカバーパーツはスエードで仕上げたトロペX。素材の異なる3種のホワイト使いと、要所に取り入れたブラックが効いてクールな表情に。

ワンサイズほどアップさせて履くのがオススメ」という干場編集長からのアドバイス通り、普段より大きめを試した高橋さんも納得のご様子で、すぐに取扱店舗をチェック。

有名百貨店やセレクトショップなど多くのショップで扱っており、近くに見つけたようで、一目散に買いに走って行きました。

 

そうそう。動画では 2019年6月にイタリア・ミラノにあるオフィス&ショールームを訪れ、副社長のマックスさんにブランドや 作りに対するこだわり、さらには注目のモデルについてインタビューしてきた模様をお届けしていますので、そちらもお見逃しなく

ダッドスニーカー流行りのスニーカー業界に、大人がスタイリッシュに履けるモデルを送り出し、一石を投ずるフィリップモデル。イタリアにて職人たちが一足一足ハンドメイドで手掛けているため作りは素晴らしいのは言わずもがな、昨今のトレンドのひとつ「ラグスポ(ラグジュアリースポーツ)」なスタイルを体現しているので、いまの気分にもバッチリ ハマるはず。

フィリップモデル TRPX West 5万9000円(税抜)
アッパーはオールレザー、ウォッシュをかけた牛革で仕上げたトロペX。ブラックベースに、重厚感を払拭するホワイトを効かせたモノトーンは、どんなスタイルにもマッチします。

伊勢丹新宿店メンズ館(地下1階)では、10月2日(水)~10月15日(火)の2週間 POP UPも開催。干場、高橋両名が2足めに狙いを定めたオールレザーのブラックを含め、豊富なモデル、カラーバリエーションを揃えていますので、ぜひお気に入りの一足を見つけてみてはいかがですか?

Video:Kengo Yagawa
Photo:Riki Kashiwabara
Edit:Ryutaro Yanaka

【取り扱い店舗】
伊勢丹新宿店メンズ館 B1F=紳士靴
東京都新宿区新宿3丁目14−1
03-3352-1111(大代表)

阪急メンズ大阪 1F=紳士靴
大阪府大阪市北区角田町7−10
06-6361-1381(大代表)

【提供元】
トヨダトレーディング
03-5350-5567
www.Toyodaco.jp

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>