FASHION ― PROMOTION

【アニ散歩特別編☆フェリージ】フェリージ de モルトヤベーネ旅支度

2019.9.13 2019.9.13
2019.9.13

突発で地方出張!? そんなときに役立つのはフェリージのバッグと、アスペジのM65だった!

sponsored by FIGO

なんだか最近、ピッコロ イタリアブームがきているアニキ。いつものスタイルに、少しだけイタリアのエッセンスを加えるのがモルトヤベーネなんだとか。

かつて愛用していたイタリア発のバッグブランド「フェリージ(Felisi)」も、また気になってきているということで、今回はフェリージの直営店であり、アスペジ(ASPESI)、サンタニエッロ(SANTANIELLO)、ピエール=ルイ・マシア(Pierre-Louis Mascia)なども取り扱うセレクトショップであるフェリージ&ラ ガゼッタ 1987 松屋銀座店へ アニ散歩。

松屋銀座5階のショップを訪れると、90年代に大ブレイクし、20代半ばだったアニキも もちろん購入してビジネスシーンで使い込んでいたブリーフケースと再会!

フェリージを知らない方のために補足すると、1973年 北イタリア・フェラーラにて誕生。中世から伝わるフェリージ家の紋章を模したロゴが特徴で、1996年にはデザイナーにドメニコ・ベルトラーニが就任したことを機に、伝統的なスタイルに新たな技術とアイデアが加わり、日本はもちろん、世界へと広がっていきました。

高密度ナイロンと、上質なイタリアンレザーを組み合わせたバッグたちは、カジュアルでありながら上品なデザインで、センスの良いビジネスマンたちが こぞって使用。アニキもそんな中の一人だったというわけです。

フェリージ ブリーフケース 8万9000円(税抜)

このワンハンドルのブリーフケースは1994年に登場し、フェリージの中でも人気を博していましたが、一度は姿を消してしまっていたモデル。しかし、アニキのように過去に愛用していて、懐かしむお客さんが多かったことから最近復刻して、再登場しています。

思い出のモデルに出会えたことから、ピッコロどころか、一気にグランデ フェリージブームの予感。

フェリージのアイテムがラインナップされているコーナーに行ってみると、またまたかつて愛用していたナイロン素材のショルダーバッグに遭遇!

フェリージ ショルダーバッグ 5万2000円(税抜)

かつてはネイビーを愛用していたアニキですが、山鳩を意味するカラー"トルトラ"が気になってる様子。先ほどのブリーフケースとショルダーで悩んでいるのかと思いきや…、ここでカメラ O坪ちゃんへ衝撃の告白っ!

なんと今から急遽、地方ロケに行くことが決まった、とアニキ。収録を終えたらすぐに東京駅へ向かい新幹線で西を目指すんだとか。

そこで一気に軌道修正! 一泊か二泊泊まれる荷物を入れられるスーツケースを買うことに。

フェリージ トロリーケース 9万0000円(税抜)

すると、偶然偶然! やっぱ神様いるから。渡りに船とはこのことで、フェリージから登場した新作でハードタイプのトロリーケースがあるじゃないですか。

ハンドル部分はフェリージが定番として使っているバケッタレザーですから、使い込むほどに経年変化して育てる喜びもあります。中も二層に分かれており、インナーの生地にはフェリージ家の紋章に描かれている「盾」をモチーフにしたジオメトリカルなパターンのモノグラム柄を採用しており、アニキもひと目惚れ。

4輪タイプのトロリーでよくある、手放したら勝手にコロコロと何処かへ行ってしまうという問題を解消すべく、裏面にはキャスターストッパーも付いていて痒いところに手が届く作り。いや〜 便利すぎてアニ気絶!

しかも自重が3.1kgとキャスター付きのタイプにしては軽量なので、持ち運びのストレスを感じさせません。

カラーはネイビーとアイボリーとブラックの3色展開で、悩んだ挙句アニキはアイボリーを選択! 新鮮新鮮。

購入予定のものを寄せておくアニコーナーを作らせていただこうとすると、あれ!? なんだか気になるアイテムが……

フェリージ サコッシュ 1万9000円(税抜)

こちらのサコッシュ、主張先でサウナに行く際にはサウナセットと小銭だけ入れて気軽に出掛けられます。もちろん普段は財布、携帯なんかを入れておけば、手ぶらでもポケットが膨らまずに快適に出掛けられサイズ感が最&高です。

迷わず購入を決断。トロリーのアイボリー&サコッシュの山鳩 a.k.a.トルトラ コンビがモルトヤベーネ!

買い物に勢いが出てきたアニキは、ウェアのコーナーまでdigりだし始めます。

サンタニエッロ ジャケット 4万6000円(税抜)

サンタニエッロのジャケットにトキメいたりをしながら、出張に便利そうなアスペジのM65を試着してみることに。

アスペジ M65 9万8000円(税抜)

アスペジのM65と言えば、誕生して33年を迎えるほど世界各国で長く愛されてきたモデル。ヴィンテージ感を醸し出す独特な製品染めした素材を使用しているのが特徴で、ジャケットに重ねてもオンで着ても良し、Tシャツやニットに重ねてオフで着ても良しな、最強の気絶アイテムです!

断熱中綿素材サーモア(Thermore)®を使用したデタッチャブルベストも付いているので、寒い冬でも安心して着ることができ、春、秋はベストを外しての着用も可能なので、夏以外はずっと活躍してくれます。

ポケットも多くて細かい荷物も入れられるので、旅や、今回のアニキのように出張時には とにかく便利です。

"キーアニ"なんで迷わず決断。ウーノ ドゥーエ トレ(Uno Due Tre)de 3点お買い上げ。清水ダイブですね。

なんて愉しく買い物してアニ立ちなんかしてたら、新幹線の時間が差し迫ってる様子。慌てて東京駅へ急ぐアニキ…

……

 

いざ 東京駅に着いてみたら、出発の時間が間違ってたようで。結構時間が余ってしまったアニキ。そんなときに役立つのが、駅構内にあるイータリー(EATALY)グランスタ丸の内店。

店内には生ハムやチーズ、オリーブオイルやイタリアンワインが充実し、ところどころにイートインスペース、奥には本格的なレストランスペースもあり、本物のイタリア料理と最高のメイド・イン・イタリーの商品を楽しめる空間です。

早速、アニキはアペリティーヴォ! イータリーが誇るプロセッコをオーダーして ぷはっ!してから、美味しい生ハムとチーズに舌鼓を打ち、新幹線までの時間をノンビリと過ごします。

ところが!?  ここから先は 動画を観てのお楽しみ。

ピッコロイタリアブーム来る気配感じませんか? フェリージのバッグは 懐かしいけど新しくて最&高ですし、アスペジのミリタリーを解釈しながら現代的に落とし込むウェアづくりは 抜群の安定感。試してみたらアニキ同様きっとハマってしまうと思うので、ぜひ松屋銀座5階 フェリージ&ラ ガゼッタ 1987を訪れてみてはいかがですか?

Video&Photo:Naoto Otsubo
Edit:Ryutaro Yanaka

【今回の散歩店】

【提供元】
フェリージ&ラ ガゼッタ 1987 松屋銀座店
東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座5F
03-5250-8050
定休:松屋銀座休館日に準ずる
営業:10:00〜20:00
https://www.figo.co.jp

オンラインショップ
https://www.felisi.net
https://www.lagazzetta1987store.com

 

【協力】

EATALY グランスタ丸の内店
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅 B1
03-3217-7070
定休:なし
営業:8:00〜23:00/レストラン 11:00〜23:00
   ※日曜日及び連休の最終日:8:00〜22:00/レストラン11:00〜22:00 

https://www.eataly.co.jp

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>