FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

【革質にベタ惚れ】段々レアになるオールドグッチのショルダーバッグ

2019.7.27 2019.7.27
2019.7.27
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

パッと見どこのブランドか分からないのも魅力です

さて、147回めは珍しく「グッチ」。ペッカリー(ヘソイノシシ)レザーで作られた小振りなショルダーです。

第二次世界大戦中は、生産どころか革の仕入れすらままならない状態が続き、戦後にやっと革製品の生産を再開させたグッチは、耐久性があり、強くて丈夫なペッカリーを採用。後にグッチを代表する革になっていったのは有名な話ですね。

最近はカーフスキンがメインとなり、ペッカリーを使ったバッグは ほとんど生産されておらず、段々レア度が上がっています。

こちらもヴィンテージを探して貰って清水ダイブしたんですが、状態の良いものを手に入れたとは言え、結構ガツガツと使い込んでも へたることなく美しい状態を保っています。

サイズは幅 28cmで 高さが 22cm、結構マチもあるので、それなりに荷物も入ります。内側にはオールドグッチを象徴するクレスト(紋章)のゴールドチャームがついたジップポケット、外にもポケットがあるので、小分けにも便利。パソコンを持ち歩かないときなら仕事でも使えています。

あと、なんと言ってもの魅力は パッと見どこのブランドか分からないところ。フロント見ただけじゃ、一切分からないし、横にさり気なく配されたロゴも型押しされてるだけなんで、よく見ないと分からない。

ただ 質は素晴らしく、佇まいも美しいから ホントによく「どこのバッグですか」と聞かれますね。いまのグッチも面白いんですが、やっぱりこの頃の質が良く、上品な革製品に惹かれます。

創設者であるグッチオ・グッチは「子どもにはミルクよりも革の匂いを嗅がせろ」なんていう家訓を称えたそうで、革には相当なこだわりを持っていたみたいですからね。お家騒動で残念ながら とんでもない結末を迎えますが、イイ物作りはしていたと思います。

モノグラムだったり、大きめなボストンとかは まだまだ見かけるんですが、男性でも使えるデザインで、小振りなものを見つけるのは なかなか大変。知り合いに探して貰ってストックさせてますが、球数は多くはない。

局地的にブレイクしたら…、なんて企んでますが、そもそもそこまで値が上がるものでもないし、全然数が足りない。ひと山当てて左団扇なんてのは 夢のまた夢です(笑)。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO