LIFESTYLE ― NEWS

【どうして?どうすれば?】「出会いがない」男性のための徹底解説

2019.7.2 2019.7.2
2019.7.2

理想の出会い、イメージできてますか?

恋にご無沙汰な男性が口をそろえて言う言葉「出会いがなくて……」

それはもしかすると、何か足りないものがあるだけかもしれません。今回はそんな男性のお悩みを助けるために、出会いがない原因とその対処法、そして出会いのきっかけまで大特集しました‼

これを読めば、あなたも運命の女性に一歩近づけるかもしれませんよ‼

●そもそも誰と出会いたい?

そもそも、「出会い」って漠然とした言葉だと思いませんか? 実は、このゴールをきちんと定められているかどうかが、大きく未来を変えるんです。

あなたはどんな相手と出会いたいのでしょうか。自分の理想に合致する人? 価値観が合う人? 将来を共にする相手? 気軽な恋愛相手?

これにより、どこへ探しに行くかやどんな女性にアプローチすればよいのかなどが変わってきます。例えば、趣味があう女性と出会いたいなら趣味のイベントやそれに近いテーマの街コンに行くべきですし、結婚相手を真剣に求めているなら婚活パーティーなどに参加すべきです。

「出会いがない」と嘆く前に、まずは自分のゴールを定めましょう。

●出会いがない男性の特徴

一概に「出会いがない」と言っても、その理由はさまざま。ここでは、出会いがない男性の特徴をご紹介します。いくつか当てはまるという方は、そこを直せば彼女をゲットできるかも⁉

・受け身

これが、出会いを阻む最大の原因です。

男性に限らず、出会いがないと嘆いている人は常に受け身で行動に消極的な人が多くいます。待っていればいつか運命の人が現れるだろうと思ってはいませんか? そんな幻想は今すぐ捨てましょう。運命は自ら動いた結果としてあらわれるのです。

平日は会社と家の往復、休日は家から出ない……。そんな人が新たな人間関係を構築できるとは思いません。待ちの姿勢は出会いの可能性を自分で狭めていることになりますよ。

さらに、受け身の人はせっかくの出会いの場でも、気になる人にアプローチするのを躊躇してしまいます。「あそこで一歩踏み出していれば……」などと後悔しても遅いのです。また、女性が肉食系になったと言われて久しい現代でも、進んでアプローチできる男性は好感度が高いもの。自分から積極的に動いてみましょう‼

・理想が高い

しばらく恋愛をしていなかったりすると、理想はどんどん高くなっていくもの。そんな高くなったハードルで、出会いのチャンスを無駄にしてはいませんか?

せっかく異性にアプローチされても、「顔がタイプじゃない」「もっといい人がいるはず」などチャンスを早々に潰してしまっている人は要注意です。

妥協しろと言っているわけではありません。ですが第一印象はタイプでなくても話している間に意気投合できたり惹かれるところが見つかる可能性もあるので、すぐに結論を出してしまってはもったいないですよ。

また、婚活コンサルタントなどがしばしば問題視しているのが、不相応な理想像を抱いている男性。理想が高くなればなるほど当てはまる女性も少なくなり、そもそもそんな女性は既に他の超ハイスペ男性と付き合っています。経済力が卓越しているわけでもない一般人が女優レベルの女性と付き合うのは難しいですし、自分を客観視できていない男性が支持されるわけないですよね。

・ロマンチストすぎる

男女問わず、恋愛下手な人に共通しているのが、このロマンチストすぎるという点。もう少し具体的に言うと、恋愛に夢を見すぎているということです。

日常のなかで自然に出会って、仲良くなるうちに惹かれあい相思相愛になって付き合う……。というのはなくはないですがレアケースです。常に同じコミュニティで毎日を過ごす学生ならいざ知らず、社会人ではそれはなかなか難しいでしょう。

このような人は婚活パーティーやアプリなど、自ら出会いを求めに行くことに抵抗があるようです。何度も申し上げているように、出会いはないなら作るしかないんですよ‼

・仕事に打ち込みすぎ

精力的に仕事に打ち込む男性は魅力的です。しかし、平日は毎日忙しく残業も多いので自宅と職場の往復、休日は家でいつまでもごろごろするといった生活をしていては、いつまでたっても出会いは生まれません。

職場以外で彼女がほしいあなたは、休日の1日でも出会いの場に足を運んでみては?

・清潔感がない

外見のお話をすると、清潔感がない人は問題外と言っても過言ではありません。

「メラビアンの法則」によると、人は視覚情報に評価の50%以上を委ねているそうです。つまり、第一印象の見た目で、あなたへの評価は半分以上決められてしまうということ。TPOにあわない服装、肌や髪などの手入れ不足、そしてニオイ。これらが不十分であれば、まず最初に女性から相手にされません。

突出したおしゃれをしたり無理にブランド物を身にまとう必要はありません。くたびれていないスーツや磨かれた靴を履いているだけで、男性は印象が高まります。ぜひ、FORZA STYLEでおしゃれを研究してみてくださいね。

・友達が少ない

友人との交流が少ない男性は出会いのきっかけも失っています。友達付き合いが面倒くさい、一人でいるほうが楽だからなどと考えていませんか?実は大人の男性の出会いのきっかけTOP3には、必ず「友人の紹介」が入っているんです。

仲の良い友人であれば、趣味や価値観が近いことが多いです。しかもあなたのこともよくわかっていますから、よりあなたに合った女性を紹介してくれる可能性が高いということです。街コンなどの出会いの場に行くときも、友人とであれば行きやすいですよね。

また交友関係が狭く限られた友人とだけ話していると、会話も内輪のノリになってしまいます。それが通用するのは学生までです。

・自信がない

自信がない男性は「嫌がられたらどうしよう」などと躊躇してしまうため、女性に対しても消極的になりがちです。「下手に話して嫌われたくない」「断られたら気まずいから誘えない」などと考えすぎてしまい、そのうち気になる相手に恋人ができていたなんてことも多々あります。

さらに、自信がないと挙動が不審になってしまいます。目が泳いだり、そわそわとした動きになったりしては、オトナの余裕とは程遠いですよね。

気を使えるというのは素晴らしいですが、多くの女性は自信があり尊敬できる男性を好きになります。自己分析は重要ですが、無駄に卑屈になる必要はありません。

・女性を見下している

これは間違いなくどんな女性からも嫌われます。こうした見下しは、言葉の端々から出てきてしまいます。無意識に男尊女卑的な発言をしていませんか? 最近は「お前」と呼んだり、命令口調で話すのも嫌がられます。

自分を大きく見せたい、優位に立ちたいという気持ちはわかりますが、Mっけのある女性だとしても決して軽視されたいわけではありません。逆に、女性に対して素直に尊敬を示せる男性に女性は心動かされるのです。

●年代別の出会いがない理由

上記の特徴は、出会いのない男性全般に共通しがちなものでした。しかし、年齢によって恋愛が成就しない、出会えない理由は少し異なるのです。30代、40代それぞれの理由について見ていきましょう。

・30代

30代は女性から見てとても魅力的な年代です。なぜならば、多くの女性が恋愛相手に求める「若さ」と「余裕」を兼ね備えた年代だから。女性が求める「余裕」とは、

精神的余裕:心のゆとりや人生経験の多さ
経済的余裕:生活だけでなく自由に使えるお金があるという経済的な潤い
肉体的余裕:家庭を維持し子どもを育てる体力

これらの項目のことです。そう考えると、30代が女性たちから人気を集めるのは当然のことですよね。ですが、そんな30代でも「出会いがない」と嘆いている方はいらっしゃいます。それはなぜなのでしょうか。

①恋愛が二の次

30代は、20代で蓄えた経験を活かしはじめる年齢。役職がつきはじめ責任も重くなる分、仕事が楽しくなりますよね。そんなときには、相手を探し連絡を取り合って、デートを重ねて……と、恋愛に時間や手間をかけるのが面倒くさくなってしまい遠ざかりがちです。

②焦っていない

男性は30代が人生で最もモテる年齢です。30代前半では、SNSや合コンの誘いが引きも切らないという方も多いのではないでしょうか。そのため、「まだ大丈夫」「真剣な恋愛はもう少し後にしよう」などと積極的な行動をしなくなってしまう人が多いそうです。

しかし、厚生労働省が発表した平成27年度の男性の平均婚姻年齢は33歳ですし、初婚に限れば30.6歳という結果が出ています。この数字を見ると「そのうち……」なんて言っている場合ではないのがお分かりいただけるのではないでしょうか?

・40代

①見た目の老化

仕方のないことですが、40代になると見た目に変化が出てきます。信長が「人生50年」と唄っていた時代もあるように、40代はもう初老なのです。

アンチエイジングや自分磨きを頑張っていても、婚活パーティーなどで20代や30代と並ぶとどうしても肌のハリや雰囲気の違いが出てしまいます。また、見た目は若々しくても、ジェネレーションギャップなどで敬遠されてしまうことも……。

残酷なお話をするようですが、20~30代の女性が言う「おじさんが好き♡」は、「俳優さんレベルの美貌と財力がある40~50代」という意味なので、勘違いせずファンタジーくらいに思っておくほうが無難です。若い男性が言う「熟女好き」と同じノリですね。

②同世代はだいたい既婚者

晩婚化が進んでいるとはいえ、40代ともなるとやはりほとんどの人は既婚者です。また現在でも女性は男性よりも若いうちから結婚していく傾向が続いているため、40代男性が同世代の女性と付き合うのはなかなか数が限られていると言えます。

さらに、周りが既婚者だらけになってくると焦りが大きくなります。40代だと子どもがそれなりに大きくなっているケースも多く、より焦燥感をあおりますよね。ですが、この焦りによる余裕のなさが出会いを遠ざけてしまっているかもしれません。

③将来の不安

ただ恋愛関係と割り切っているなら話は別ですが、40代になると付き合う相手≒結婚相手になってきますよね。女性も、結婚のさいに様々な観点から相手を検討します。

そこでかなりのウエイトを占めるのが、「定年退職までの年数」です。子どもがほしいと思っている女性なら、必ずと言っていいほどこのポイントを気にします。

たとえば、40歳で結婚したとして41歳で子どもが生まれたら65歳の平均定年年齢まであと24年。日本の大学卒業年齢は一般的に22歳なので、かなりギリギリですよね。

共働きで家計を支えるつもりでも、やはりこのポイントは気にせずにはいられないようです。さらに、男性が40代ということは、そのご両親は60~70代。「介護」の文字がリアルに女性の脳裏によぎるわけです。これが、40代を阻む将来の不安という壁なんですね。

●すべき行動

ではダメな理由がわかったところで、これから何をすればよいのでしょうか。ダメな部分を直すのはもちろんですが、そこにプラスアルファを乗せることができればより可能性は高まりますよね‼

・自分を見つめなおす

一度落ち着いて自分のことや環境を見直してみてください。自分のスペックは? 相手に持っている理想は身分相応ですか? 一般的に結婚するカップルは学歴や社会的地位が同じくらいだと言われています。自分のことをよく理解すれば、おのずと目指すべきゴールや参加すべき出会いの場もわかってくるはずですよ。

そしてもう一つ、今の生活も見直してみてください。今過ごしている生活には出会いの場がありそうですか? あれば活用しない手はないでしょうし、なければ動くまでです。

・人間関係を大切にする

一人が好きという方も、改めて周りの人を大切にして交流を持つようにしてみましょう。周りの人たちの協力で出会いをつかめることもありますよ。

例えば、知り合いからの紹介で恋愛に発展するかもしれません。恋愛相談もできますし、自分ひとりでは思いつかなかったような良いアドバイスをくれることもあります。経験豊富な友達がいれば、デートスポットなどのおすすめも聞けちゃいますよ。

身近な人が恋愛に発展する可能性もあります。普段一緒に仕事をしている同僚や良く会う友人など、身近にいる相手が実は運命の人かもしれません。職場恋愛もあるあるですよね。

身近すぎて魅力に気づけなていなかった場合もあります。改めて考え直すと、安心感があったり一緒にいて楽しい、恋人として付き合いたいと思える人がいるかもしれません。

・女性ウケする会話の練習をする

一般的に、男女では会話の構成や重視するポイントが異なると言われています。

女性は「自分の話を聞いてくれる」「共感してくれる」人を高く評価する傾向にあるので、それができる男性は大きなアドバンテージを手に入れることができます。ホストクラブでも、ルックスよりも共感力が高いホストの方が人気を集めるようです。

例えば、「今日は暑いね~、夏って感じ!」と言われた時に「今日の気温は26℃だから、真夏日ではないけどね」などと訂正したりうんちくを語るよりも「うん、暑いね!」と返す方が女性からのポイントは高いです。

・貯金をする

女性が求める男性の「余裕」には、経済的な余裕も入っていましたよね。これは決して、デート代は全額おごれと言っているわけではありません。ありていに言ってしまえば、金銭的な余裕は心の余裕に直結するからです。

割り勘だとしてもデートを重ねればお金がかかります。1人であれば牛丼チェーンでもよいですが、デートでそんなところに行ってはムードが台無しですし(もちろん相談のうえであれば問題はありません)、彼女に「この人もうお財布厳しいのかな……」と心配させるのも考えものですよね。ヒヤッとしたあなたは、まずは貯金から始めてみましょう。

・趣味を作る

皆さんは趣味をお持ちでしょうか? 実は、趣味を生かした活動をする中で出会い、恋愛に発展したケースもたくさんあるんです。なぜなら、趣味が同じであれば初めから共通の話題があり、互いの趣味に理解のある関係が築きやすいからです。

また趣味を見つけることで、毎日が楽しく充実したものになります。何かに打ち込んでる人は活き活きしていますよね。そういう姿を尊敬する女性は多くいます。

ここで注意しておきたいのは趣味の種類。スポーツや美術館巡りなどは好印象を持たれやすいですが、2次元系の「オタク趣味」は好き嫌いが大きく分かれます。最初から全開にするのは控えた方がよいでしょう。

・無駄なプライドを捨てる

「街コンやアプリを使うのが恥ずかしい」「出会いに一生懸命だってばれたくない」など、無駄なプライドが邪魔をして行動できていない人はいませんか? 行動を始めるにあたって、これが最初のハードルといっても過言ではありません。

そう簡単にプライドを捨てられるわけではありませんが、その気持ちが出会いをどんどん遠ざけてるかもしれません。今では恋愛アプリや街コンなどがどんどん当たり前になってきています。最初は少し恥ずかしくても、一歩踏み出し最終的に良い出会いに恵まれれば勝ちなのです。

・服装を整える

出会いに見た目が大きく関わってくることは、前述のとおりです。

しかし、誤解しないでいただきたいのは、無理におしゃれをする必要はないということ。こだわりの強すぎる男性のファッションは、えてして女性からの支持を得にくいもの。おしゃれに自信のない方は、〈マイナスにならない見た目〉を意識してみましょう。

〈マイナスにならない見た目〉とは、清潔感がありクセがないこと。ひげや爪が整えられ、よれていないジャストサイズの服を着ているだけで赤点は免れます。黒・白・紺を基調に無地の服をマネキン買いすればそうそう初対面で減点されることはないはずです。

・出会いの場に積極的に参加する

「出会いがない」ことへの最大の対策はまさにこれです。現在では出会いの場はたくさん用意されています。街コンやアプリなどで出会いを探すのはもう一般的ですよね。

街コンもかしこまった昔ながらの婚活パーティーというよりは、趣味のあつまりのような気軽に参加できるものも増えています。恥ずかしいからと躊躇していた人も、この機会に友達と参加してはいかがでしょうか?

それ以外にも、友人や同僚の結婚式や同窓会などに積極的に参加してみましょう。結婚式での二次会に出会いがあったり、久々に会った学生時代の友人と交際に発展することもありますよ。

筆者は学生時代に結婚式場バイトをしていましたが、出会いのきっかけとしてこの二つを挙げる方が多かったです。身元がある程度はっきりしているので安心だからでしょうか。

●出会いのきっかけ

あなた自身の準備が整ったところで、どこへ相手を探しに行くかというのが悩みのポイントになってくると思います。仕事や趣味に忙しい方は、あちこちに手を出す余裕はないですよね。ここではそんな出会いのきっかけや場所についてご紹介します。

ちなみに、30~40代の男性が彼女と出会った場所上位3つは、「職場マッチングアプリ友人の紹介」だそうですよ‼

・職場

社会人にとって最も身近な方法としては、職場での出会いが挙げられます。この場合、同僚から友達に、そして恋人に……と、長い時間をかけてゆっくりと親密度を高めて恋人関係に発展することが多いです。

メリットとしては、互いの仕事状況を理解しやすいことや会いやすいこと、そしてなにより生活リズムを今とあまり変えずに出会いを求めることができるという点です。仕事と家の往復で、街コンや趣味のイベントに行けないという人も、職場なら毎日通いますよね。出会いのためのコストもほぼかかりません。

一方デメリットとしては、周りの目が気になったり、振られた場合などに関係が悪化するなどがあります。また、職場に女性が少なかったり、環境に左右されがちなのもネックです。

・婚活イベント

現在の婚活パーティは多くても20人ずつか、8人ずつ程度の小~中規模のものがほとんどです。それぞれ男性が女性陣のテーブルを回るという方法で、ほぼ第一印象で決まってしまいます。

女性も真剣に出会いを求めて参加しているため、マッチング後はこまめに連絡を取り合えば付き合うこと確率も高くなっています。ただし、本気で婚活に来ている女性がほとんどのため「とりあえず彼女がほしい」という方にはそもそも向きません。

・マッチングアプリ

近年利用者が急増しているのが、マッチングアプリなどのSNSでの出会い。女性の利用者が1万人を超えるマッチングアプリもあり、その中から気になる相手にアプローチすることができます。

メリットとしては、利用している女性が皆「男性との出会い目的」で利用していること。そのためほかの手段よりも恋人を作りやすいです。また、まだ結婚は意識していないから婚活は早い……という人にも、恋愛目的のマッチングアプリならぴったりですよね。また、プロフィールやコミュニティなどから趣味や条件のあう女性を見つけやすいのも便利なポイントです。

成功するためには毎日コツコツメッセージを送るなどの活動をする必要があったり、相手の身元が不確かだというデメリットもあります。

・合コン

合コンは、場の盛り上がり具合が同性のチームワーク次第です。きちんと盛り上げることができれれば女性も楽しめ、彼女を作りやすい環境が整いますが、そのチームでの実践経験やキャラ分けなど少々ハードルが高いです。

また日程調整やお店探し、そしてなにより女性陣の確保にもそれなりの手間がかかるため、頻繁に活動できないことも大きなデメリットです。予算が5000~1万円弱かかるわりにはコスパが悪いのも弱点となります。

自ら積極的に開催するよりは、誘われたら行く程度が一番良いかもしれませんね。

・友人の紹介

「持つべきものは友達‼」と言いますが、恋愛においてもそれは当てはまります。

自分の趣味嗜好を理解してくれている友人の紹介なら、信頼度できますよね。また、その友人に既に彼女がいれば、友人の彼女から紹介してもらうことでより可能性が広がります。女性側からしても、「友達の紹介なら変な人は来ないだろう」という安心感が強いため親しくなりやすいのもポイントです。

また「マッチングアプリとかは怖いけど恋人は欲しい……」と悩んでいるのは男性だけではなく、同じように悩んでいる女性もいます。もし友人がそのような女性を知っていれば、相談からトントン拍子で話が進むといったことも多いようです。無駄なプライドは捨て、まずは軽い気持ちで友達に相談してみると良いかもしれませんね。

・趣味のイベント

習い事や趣味関連のイベントなどでは、同じ趣味や関心がある相手と話が合ったり価値観が近いなど、一緒にいて心地よい彼女が見つかりやすいです。

ただし出会い目的で参加する人は少ないので、恋愛に発展する出会いがあるかは運次第と言えます。また習い事などは費用も決して安くないため、あくまでも本当にその趣味がやりたいという人に向いています。

●まとめ

いかがでしたか? 一口に「出会いがない」といっても原因や対処法はさまざまでしたね。

こまごまとテクニックなどを申しましたが、やはり一番のカギは行動あるのみ‼ということでしょうか。街コンは今、趣味の同志をみつける場としても人気だそうです。今週末にでもお友達と参加してみてはいかがでしょうか。

年齢やルックスなどのどうにもできないことだけで恋を諦めてしまうのはまだ早いです。ご自身の良さを活かして、素敵な恋愛をしてくださいね。

Photo:Getty Images
Text:K.S

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO