CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

来月公開の映画「メン・イン・ブラック」で新型レクサスをチェックせよ!

2019.5.15 2019.5.15
2019.5.15
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

新作MIBインターナショナルにレクサスRC F登場!

2019年6月14日(金)から公開される「メン・イン・ブラック」(以下、MIB)シリーズ第4作「MIBインターナショナル」に「レクサスRC F」が登場します。今回はスピンオフ作品なのでトミー・リー・ジョーンズ&ウィル・スミスのコンビは登場しませんが、誰と見てもハズレない作品に仕上がっている模様。

MIBシリーズは第1作目の公開が1997年。前出2人は名コンビを披露しましたが、年齢や高騰するギャラを考慮すればそろそろご勇退の時期。変わって本作ではイケメン俳優のクリス・ヘムズワース(エージェントH)と、外したマイケル・ジャクソンのコスプレにしか見えないテッサ・トンプソン(エージェントM)のふたりが主演キャラ。興行収入によっては次回作への期待も高まります。

こちらが映画登場カラーです!セクシー♡
拡大画像表示

主演キャラの若返りと男女ペアという要素は別として、活躍するエージェントの愛車に選ばれたのが新型「レクサスRC F」です。今回はロンドンが舞台ですので、歴史ある町並みと黒いレクサスの取り合わせも注目の映画です。

「レクサスRC F」の価格はエントリーグレードが1,021万909円、カーボンエクステリア・パッケージ1,099万6,364円、サーキットスペックのパフォーマンス・パッケージ(北米ではトラックエディション)が1,404万円となります。

このモデルのキモは、いまでは希少な高回転型5リッターV8の2UR-GSEエンジンです。以前は同ブランドのISやGSにも設定がありましたが、型式は同じでも中身はかなり異なります。このエンジンを開発したヤマハ発動機の資料によれば、吸排気系、バルブやシリンダーヘッド、クランクピン径など、かなりの部分が別モノです。

ボディ剛性を高めるPerformance package 専用のカーボンパーテーションブレース
拡大画像表示

全面的に見直された2UR-GSEエンジンですが、ワタシが注目したのは“官能性能”という一文。具体的には「サウンド」、「レスポンス」、「伸び感」が主たるテーマとか。環境性能やパフォーマンス的こだわりもありますが、スポーツカーに必要不可欠なサウンドに関し、低回転域では低音、中回転域では吸気音、高回転域ではクリアでリニア感のあるチューニングを施しているそうです。

ワタシがパグ犬のエージェントFなら、夜な夜なクラブ活動するよりもエージェントHをそそのかして英国最古のレースコース、マン島のスネーフェル・マウンテン・コースを走りまくります。クリス・ヘムズワースは映画「ラッシュ」でジェームス・ハント役を努めましたので ハンドルさばきも板についたものでしょう。

「レクサスRC F」に搭載される2UR-GSEエンジンは、最高出力354kW (481ps) / 7,100rpm、最大トルク535Nm / 4,800rpmというスペック。映画のなかでは離陸シーンもあるようですが、スクリーンでのバエ具合は各自ご判断ください。

さて、話題を戻せば最上級グレードであるパフォーマンスパッケージの約1400万円というお値段です。この金額だと991型の911Tが買えてしまうのです。もしこの点で迷う方は2リッター直4ターボのRC300を選ぶべきです。最高出力180kW(245ps) &最大トルク350Nmと十分なスペックですし、ベース価格608万円はまさに対価といえるでしょう。

同ブランドの方向性が今ひとつ見えませんが、「レクサスRC F」に関し一言添えれば、いずれ語り継がれるであろうピュアスポーツであることは疑いようがありません。一線級のパフォーマンスもつ日本のスポーツカー。モーターアシストが付く前にお買い上げください。

Text:Seiichi Norishige

レクサス
0800-500-5577(レクサスインフォメーションデスク)

■映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』予告

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Seiichi Norishige

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO