FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

【令和最初もエルメス】自分には珍しいロゴ入りキャンバスバッグ「アリーヌ」

2019.5.4 2019.5.4
2019.5.4
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

2つ並べると「0」と「⚪︎」で レイワ? え、見えません??

さて、せっかくなので令和最初の記事となる136回めも「エルメス」で。トワル・シュヴロンというコットンキャンバスが使われたショルダーバッグ「アリーヌ」です。

大きな方(GM)は 働き始めたくらいのときに局地的に流行って コットンのクセにやたら高額なのを頑張って清水ダイブしました。

まぁ キャンバスボディとは言え 持ち手はヴォー・バレニアだし 端の部分を職人さんが丁寧に縫ってるから 高額なのは仕方ないのかもしれませんが…。他のブランドだったら それなりのバッグは買えましたよね……。

それに、普段ロゴものはまったく買わないし、どちらかというと苦手なんですが、なぜか「アリーヌ」の雰囲気には惹かれてしまうんです。不思議ね❤︎

その後 ディスコン(廃盤)になったと聞いたので 一気にもったいなくて使えなくなり 長いことクローゼットの奥に仕舞い込んでいました。だから 今でも全然キレイ!

それから 追いかけるように小さい方(PM)も買い足して コンパクトカメラと財布を持ち歩く用に使っていたんです。

そのうち iPhoneで充分になって カメラもこのコも使わなくなり 大きい方とは違う理由で仕舞っておいたんですが どういうわけか奥方が見つけて引っ張り出し、ちょっとした買い物に便利ってことで ガツガツと使い始める始末。

端々はところどころ擦り切れ、かなりイイ味に育ってきたようです。

コットンキャンバス地も だいぶ汚れてきてるので 洗っちゃおうかと思案してるんですが、持ち手のヴォー・バレニアが洗ったらどうなるのか?? 自分的には実験としてオモロそうなんですが、いま使ってる奥方的には 革の染料が移染してしまったらイヤらしく、なかなか首を縦に振りません。

いやいや そもそも俺のだし……。

最近、小さい方のオールレザーバージョンってのも登場し、気になって店頭で見せていただいたんですが、使い道が見当たらない(笑)。なので ダイブは辞めておきました。

ただ、持ち手のレザーが もっと長かったら サコッシュみたいに使えてイケてる気がするから清水ダイブしちゃいそうなんですが。エルメスさんは やってくれないですよね…。

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO