FASHION ― 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

見ずに死ねるか?超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

クラシックスーツに、こんな懐中時計なんていかがです?

2019.4.28 2019.4.28
2019.4.28
オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

もはや芸術品と言っていい、超絶彫金技術のオンパレード

第44回目は、ラルフ ローレンのスターリングシルバー製懐中時計です

ステアヘッドカバー付き RL ウエスタン ポケット モデル 50mm エングレイブド スターリング シルバー511万5000円(税抜)/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 表参道)

昨年、ラルフ ローレンが創業50周年を迎えました。会社としてはその前年に設立されていますが、ブランドとしては1968年ですからね。様々なアニバーサリーコレクションが発表され、その余波は未だ冷めやらぬと言った印象です。例えば、今回ご紹介する50周年記念のスペシャルコレクションであるRLアメリカン ウェスタン ウォッチ コレクションでは、もはや未来永劫残すべきタイムレスピースばかりが揃っています。

下の写真をご覧ください。スターリングシルバーの50mmケースに施された緻密なボタニカル柄の彫金と、ロゴ&ステアヘッドを象ったアンティークゴールドとルビー。ラルフ・ローレン氏が所有するヴィンテージのコンチョや、ウエスタンロデオバックルから着想を得たそのデザインは、ヴィンテージフィニッシュも相まってもはや芸術的な美しさを放ちます。

なんでも、リアル感を追求するために、ヴィンテージフィニッシュはアメリカ先住民の古典的な修復技術を習得した宝石職人に加工を依頼したのだとか。もちろん、彫金からフィニッシュに至るまで、そのすべてが手仕事であることはいうまでもありません。全世界限定50個というのも頷けます。むしろ、こんな超絶彫金を50個作ったことに驚きです。

西部開拓時代を想起させるデザインと質感ですが、ムーブメントは機械式の自動巻きで、5気圧防水も備えています。パワーリザーブも45時間と、現代での使用にも適しています。ヴィンテージのレイルロード系カバーオールに合わせてみたいですね。
いやはや、こちらももはや博物館収蔵品レベル。彫金を施したスターリングシルバー製の45mmケースには、同じくスターリングシルバーを採用した文字盤をスケルトンデザインで。ルビーの軸受けひとつにも細かな彫金が施されています。レザーストラップはアメリカのテキサスでボタニカル柄をカービングで施した後、わざわざイタリアにてフィニッシュを施すという大変な手間をかけています。アメリカン ウエスタン スケルトン ウォッチ 45 MM 彫刻入りスターリングシルバー511万5000円(税抜)/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 表参道)

ヴィンテージのインディアンジュエリーの価格を知っている人ならわかるでしょうが、これだけの技術と手間をかけて500万円台は、ぶっちゃけ安いと思っちゃいます。といっても、もちろん易々と着けられる代物ではないですけどね。もし手に入れられても、結局置き時計化すると思います(笑)。

Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka
 

【問い合わせ】
ラルフ ローレン 表参道
03-6438-5800
https://www.ralphlauren.co.jp

 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO