LIFESTYLE ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

オブジェのような家電でモテ部屋の完成です

2019.2.5 2019.2.5
2019.2.5
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

空気清浄機の新しいカタチ

第119回はプラスマイナスゼロの空気清浄機C030です。

4万2000円(税抜)/プラスマイナスゼロ(プラスマイナスゼロカスタマーサポートセンター)

リビングや寝室に、ドーンと鎮座している空気清浄機。意外と大きいし存在感もあるんですよね。なのにお洒落なデザインなものはほぼ皆無。いかにも家電というその佇まいでせっかくのインテリアが台無しに…なんてことも。というかメーカー問わずほぼ同じカタチだから、空気清浄機とはこういうものだからしょうがないと、お洒落なデザインなんて諦めていた人も多いでしょう。ところが、そんな先入観を壊してくれる空気清浄機が「プラスマイナスゼロ」から登場しました。

プラスマイナスゼロといえば、日本の家電のイメージを覆した家電インテリアブランド。今でこそスタイリッシュな日本製家電も多くなってきましたが、ひと昔前の日本の家電は、性能はよくてもデザイン性はいまひとつ。そんななか、インテリアに馴染むシンプルな家電を実現させたのがプラスマイナスゼロです。その優れたデザインは、多くのプロダクトがデザイン賞を受賞しているほか、MoMAの永久収蔵品に選出されていることからもうかがい知ることができます。

そんな同ブランドが手がけたこちらの空気清浄機は、まず見た目がこれまでの空気清浄機とはまったく違う。竹籠をイメージしてデザインされたという円筒状は、まさにオブジェ。これが家にあっても空気清浄機だとわかる人は少ないでしょう。

この特徴あるデザインは見た目だけでなく、機能面でも大事な役割をもっています。よくある箱型の空気清浄機は、前面からのみ空気を吸い込みますが、これは360度全方向から空気を吸い込むので効率的な空気吸引が可能。さらにフィルターを覆わないスケルトン構造によって、すばやく空気を吸い込むことができます。またフィルターの下部は接地していないのも特徴。全体的に抜けがあるため圧迫感がなく部屋に溶け込みます。

構造もシンプルで、竹籠のようはボディの内側にフィルターをセットするだけ。360度から吸い込んだ空気はほこりや花粉などを除去して、上部から吹き出す仕組み。ボディを覆う66本のスチール製のパイプは職人が一本一本溶接しているそう。まさに作り方も竹籠さながらの手の込みよう。右は4層構造のフィルターで、花粉はもちろんPM2.5までしっかり除去し、菌やカビの発生を抑制して脱臭までしてくます。フィルターの交換目安は約1年。C030交換用フィルター8000円(税抜)/プラスマイナスゼロ
スイッチはタイマー用と、電源兼モード切り替え用のふたつのみ。しかも目立たないよう本体上部の下側に設置されています。静音/標準/急速/AUTO/花粉の5つの運転モード搭載。デザインも操作性もミニマルでユーザーに優しい設計です。

これまでに空気清浄機のイメージをガラリと変えたプラスマイナスゼロ。これからはこのカタチが空気清浄機のスタンダードになるかもしれませんね。

 Text:Tomomi Nishihara

【お問い合わせ】
プラスマイナスゼロカスタマーサポートセンター
0570-01-5380
https://www.plusminuszero.jp/airpurifier2018_lp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2019.1.21 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO