FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

来年で生誕50周年! 大人スニーカーの決定版です

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

ぶっちゃけ、これさえあればいいんじゃない?

第116回目は、アディダスのスタンスミスです。

1万4000円(税抜)/アディダス オリジナルス(アディダスグループお客様窓口)

今やトレンドというより、完全に定着した大人のスニーカースタイル。まぁ、人間一度楽すると、簡単には戻れないものですからね。スポーティがトレンドキーワードとして継続していることもあり、この状況はそう変わることがないでしょう。そんな今日に続く大人のスニーカースタイルの火付け役といえば、やはりアディダス オリジナルスのスタンスミスです。

もともとはテニスシューズとして登場した、コート系スニーカーの象徴的存在で、シンプルかつベーシック、またロー&ナローなシルエットは、スラックスとも難なく馴染みます。

今更ですが、スタンスミスは同名の米国人テニスプレイヤーの名を冠し、1973年に誕生しました。前述の通りそのクセのないシンプルなデザインは、80年代にはダンスシーンで、90年代にはストリートで支持されるといった具合に、ほぼすべての時代で安定的に人気を博してきました(一時的に販売停止時期がありましたが)。つまり、完成されたデザインってこと。だから、スラックスだろうがデニムだろうが、カーゴパンツだろうがショーツだろうが、何にでも似合うんですね。

シンプルなデザインのなかでアイキャッチとなるのがシュータン。お馴染みのスタン・スミス氏の顔とサインがプリントされています。
来年に誕生50周年を控えた、スタンスミスと並ぶ名作スーパースター。ヒップホップアーティストのRUN-D.M.C.が愛用したことで有名ですが、元々はローカットのバスケットシューズとして誕生したモデルです。1万4000円(税抜)/アディダス オリジナルス(アディダスグループお客様窓口)

そういえば、昨年には自身の著書の刊行を記念してスタン・スミス氏が来日し、話題を集めました。御歳72歳。わざわざ来日してくれるなんて、日本のスタンスミス愛をわかってくれているんですね。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Kohei Kasajima
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ先】
アディダスグループお客様窓口
0570-033-033
https://shop.adidas.jp/

 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


連載 オトナの”鉄板定番”ベスト

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE