LIFESTYLE ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

格好良すぎて眩しい!でも目は眩しくない!名作ペンダントライトの新作

2018.12.25 2018.12.25
2018.12.25
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

60年愛されるのには理由がある。それは機能&美しさ+進化です!

第107回はルイスポールセンのPH5です。

PH 5 カッパー[φ500×H267mm]12万円(税抜)/ルイスポールセン

建築好きやインテリアに関心がある人ならご存じ、デンマークの照明ブランド「ルイスポーセン」。1874年創業の老舗中の老舗で、名だたるデザイナーが手がける機能的で美しいデザイン、高いクラフツマンシップに支えられた品質の高さを誇ります。

その代表的なプロダクトが、ペンダントライト「PH5」。4枚のシェードで構成された〝グレア・フリー(目に不快感な眩しさがない)〟ランプで、光を効率よく広げつつ柔らかい反射光を引き出す機能性、印象的でありながら様々なインテリアに馴染む洗練されたデザインは、世界中の人に愛用されています。まさに照明の名作中の名作、定番中の定番です。

デザイナーは、ポール・ヘニングセン。照明の名作をいくつも手がけた巨匠で、「PH5」はその一つ。1958年に発表され、その後、各時代に即した光源やカラーヴァリエーションなどを選定しながらアップデートされてきました。そう、息長く愛され、進化しながら、2018年で60周年を迎えたということなのですね。

この60周年を記念し、4月に発売された新たなモデルが、メインシェードに銅(ポリッシュ仕上)を使用した「PH 5 カッパー」。高級感と温かみを兼ね備え、重厚感のあるインテリアや和室にも合いそう。また、新しいカラーモデルも登場。うち6色は、各シェードが濃淡のグラデーションで、インテリアのアクセントにぴったりです。

新しく加わったカラーモデル。オリジナルに近い、クラシックホワイト(一番右)は、パイプに藤色、反射板には青色、シェードの内側内部に赤を施し、光に温かみと爽やかさをプラスしている。ほかに、モダン・ホワイト、各シェードの色に濃淡をつけたグラデーションタイプ6色がある。写真は全て、小型サイズの「PH5ミニ」。PH5ミニ[φ300×H163mm]6万9000円(税抜)/ルイスポールセン
ポール・ヘニングセン(1894-1967)。デンマーク生まれの建築家・照明デザイナー。ルイスポールセンとは、1924年から亡くなるまでパートナーシップを築いた。「PH 5」以外にも、「PHアーティチョーク」、「PHスノーボール」など、数々の名作を手がけている。

照明は、空間のスタイルと快適性を決める、非常に重要なポイント。インテリア好きもそうでない人も、機能美に溢れたこの名作の新作、次の模様替えの際にご検討あれ。

Text:Keiko Akiyama

【問い合わせ】
ルイスポールセンジャパン
03-3586-5341
https://www.louispoulsen.com
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2019.1.21 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO