FASHION ― エディターヤナカのこじラグ

【まさかの色ち買い!?】極上過ぎたセラファンの白レザーブルゾンとは

2018.12.1 2018.12.1
2018.12.1
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに...。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが...、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

なぜだか白いレザーに惹かれてしまうんです

さて、117回めは「セラファン(SERAPHIN)」のレザーブルゾン。もう随分前になるのですが……、ん? あれ、なんか書き覚えあるな(笑)。

そう、先日の116回めにも書きましたが、"色ち買い"ってやつですね。ブラウンの方も安かったんですが、ホワイトの方は 色が色だけにさらにお値引きされており、なかば救出的に清水ダイブ

その破格っぷりから測るに、世間は白いレザーに抵抗があるのかもしれませんが、こちらのグッドイナフ(GOOD ENOUGH)による2ndタイプの白レザージャケットを皮切りに、襟がひくほど汚れ、しかも黄ばんでしまったコム デ ギャルソン シャツ(COMME des GARCONS SHIRT)の白レザーシャツ、「スノーホワイト」なんて洒落たカラーネームだったカルぺディエムのウォッシャブルレザーシャツなどなど、なぜだか白いレザーに惹かれて色々とダイブしてきました。誰が、ココロが汚れてるからだっ!(笑)。

こちらのセラファンもリブが白いので、どうしても汚れが目立ってしまうんですが…、なにか惹きつける魅力があるんですよね。

こちらも品質表示に関してはPEAU、SKIN(笑)。もう、何の革なのかも記されていませんが、恐らくシープスキン(羊革)ですね。染めの関係でブラウンのものよりは硬さを感じますが、そこはセラファン! 納得できる とにかく上質な革質です。

前回は記載しませんでしたが、脇下にはハトメが付いていて、ベンチレーション(通気)機能もバッチリ!

©︎gettyimages

カタチはフライトジャケットっぽいので、使い勝手も良く、『THE HUNTER』のスティーブ・マックイーン気取って、着こなしています! あっ、ウソです。

ホントはスキンズっぽくビッタビタのパンツにDr.マーチンを上までビッチリ編み上げて羽織ってたりしたらカッコいい気もしますが、細いパンツ穿かないので…。毎度ダボッとダラっと羽織っています。

まだ洗ってないんですが、もう少し汚れて味が出てきたら洗濯機にぶち込んで、ジャブジャブ洗ってみようと思ってます。お安く手に入れられると、そういう冒険ができるのも嬉しいところ。

ちなみに、白スニーカーはなんだか気恥ずかしくて ほとんど履きませんし、靴の場合スムースの白レザーが汚れてくるのは大嫌い(笑)。自分の天邪鬼っぷりに辟易します……。

Photo:Naoto Otsubo
Text:Ryutaro Yanaka

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO