エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

本来はウィメンズ用ですが、男性が持っても絵になります

昔からウエストバッグに目がないんですよね。このバッグとの出合いは昨年の後半。出張のときに手ぶらで街歩きがしたいと思い、久しぶりに新調してみようと目論んでいたときでした。

雑誌『UOMO』でスタイリストの小沢宏さんが愛用品としてこれを紹介していたんです。

本来はウィメンズ用として販売されているものなのですが、誌面で小沢さんが「バッグにメンズ用もウィメンズ用もない」と語っているのを読んで妙に納得。そうかもしれないなあと思い、青山の旗艦店に行ってみました。

うんうん、確かに、男性が持っても絵になるデザイン。スタッズやジッパーの持ち手にあしらわれたレッドも絶妙なアクセントになっています。

それにベルトが長いので、肩から斜め掛けできるし、ウエストに巻いたときの垂れ具合もいい感じ。もはや、買うしかありません(苦笑)。で、実際に使ってみたらすごく便利で、やっぱりウエストバッグは超使えると改めて実感しました。

思春期に渋カジの洗礼を受けた者としては、ラグジュアリーブランドもこんなストリートっぽいウエストバッグをリリースしているなんて感激ですよね。

出張もそうですが、休日に出かけるときによく使っています。今年の夏は、Tシャツに短パン、スニーカーにこれ、というのが定番のスタイルでしたね。

サイフとスマホを入れても容量に空きがあるので、夕方ちょっと冷えるかなという日にはハイゲージのカシミアセーターなんかも投入。それ以外にも、薄手のナイロンパーカぐらいなら余裕で入ります。バッグ自体もナイロン製で、多少雑に扱っても大丈夫なのもいいですよね。

ただね、サングラスやグルーミング用品まで入れてもまだまだ余りがある。となると、僕的にはもう少し小さくても良かったかもしれません(同じデザインで、小さなサイズはないのですが)。

あと、ベルトが長くていいと書いたのですが、ちょっと長過ぎる気もしているんですよね。こちらも行きつけのリメイク屋さんに持ち込んで10センチぐらいカットしてしまおうかと検討中です。

ウィメンズのスタイリングだと、これをコートの上から巻き付けたりしているんですが、さすがにそれは真似できず、どうすれば新鮮に使いこなせるかと試行錯誤しています。

もちろん、オーソドックスな斜め掛けもウエストに巻きつけるのもいいのですが、もう少しコイツを生かす方法があるような……。今度、その答えを見つけるべく、「エロサバ」連載で実験してみようかな。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE