FASHION ― 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

見ずに死ねるか?超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

インテリアをペイズリーで高貴な空間にしてみませんか?

2018.8.26 2018.8.26
2018.8.26
オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

オリエンタルで、エキゾチックで、ゴージャスなクッションです

第30回目は、エトロのクッションです。

左:3万6000円、中:3万2000円、右:4万円(すべて税抜)/すべてエトロ(エトロ ジャパン)

ライフスタイル全般でのファッション提案が定着した昨今。ホームコレクションへの注目度も、ひとしおです。インテリアでブランドの世界観を楽しむ。その点において、エトロは打ってつけのブランドと言えるでしょう。

1986年からホームコレクションを展開するエトロ。ここ日本でも取り扱いしていますが、元々エトロはテキスタイルメーカーが出自であり、1981年には室内装飾向けのテキスタイル、アレダメントコレクションを発表しています。つまり、ホームコレクションこそ十八番ってこと。

そんなエトロを代表するテキスタイルといえば、言わずもがなペイズリー柄。別名カシミール紋様とも言い、その複雑にして緻密な表現は、ペイズリー=エトロという図式を不動のものにしています。

今回ご紹介するのはクッション。オリエンタルなペイズリー柄を、ネオンカラーを織り交ぜた配色や余白を取り入れた構図、またタータンチェックとのレイヤードなど、さすが多彩な表現を披露します。そこらのクッションにはない上質感と高級感は、まさに超絶ラグジュアリー! テキスタイルメーカーが出自であるというプライドを、感じさせてくれますね。

異なる柄のリバーシブル仕様。右はコットンベルベットとシルクプリント、真ん中はアニマル×ペイズリーとジオメトリックストライプ、左はチェック×ペイズリーとマルチストライプの組み合わせです。
フリンジやタッセルなど、ディテールにおいても実にエレガント。このクラシックな感じが、意外とレザーのソファとかに合うんですよね。

超絶ラグジュアリー連載でのご紹介ですが、こんな緻密な柄表現を楽しめるアイテムが3万円台からというのはむしろお手頃かと。インテリアはまとまり感が大事ですから、いっそ大人買いもありです。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
エトロ ジャパン
03-3406-2655
https://www.etro.com/ja_jp/
 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.5.7 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO