干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【夏の男ジュエリーは目元に】
超リッチを手軽にゲット!
カルティエのサングラス2選

2018.7.14 2018.7.14
2018.7.14
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

一目で気づくパワーアイコン「シグネチャーC」 をブリッジに表現

成熟した大人を魅了し続けるフランスのラグジュアリーブランド、カルティエ。1847年フランス・パリで創業以来、王族御用達としてその名を馳せてきました。中でもラブやトリニティー、ジュスト アン クルといった名作モチーフを使ったジュエリーは、流行に左右されない40男憧れのハイエンドアクセサリー。シンプルなTシャツ&デニム姿を時短で格上げするFORZA推薦のエコラグアイテムでもあります。今回は、ファーストカルティエとして手が出しやすいサングラスをタイプ別に2つピックアップしました。

サングラス (上)8万8,000円(税抜)(下)5万7,000円(税抜)/カルティエ

デザインで一番のキーになるのはカルティエのパワーアイコンであるシグネチャーC 。ブリッジ部分にCを形どったインパクトのあるデザインは、名作サントスのビスで留められ、サングラスの枠を超えた高級ジュエリーを思わせる仕上がりです。

落ち着いたエレガンスを醸し出すブラウンレンズ×イエローゴールドメタルが、日焼けした肌にマッチ。時計もイエローゴールドに統一するとリッチさが増します。コーデはシンプルに白Tシャツやリネンシャツと合わせるだけ。引き算することで、サングラスの存在感を引き立たせるのです。かけ心地に拘った日本製という所もこだわりの一つ。

スポーティラグジュアリーを狙うなら、この黒アセテートモデルがオススメ。ブリッジにあしらったシルバーのCが、都会的でモードな印象を強めます。時計は、黒のラバーベルトなどスポーティ要素をプラスするのが◎。こちらも白や黒のシンプルなTシャツに白スニーカーを合わせ、なるべくシンプルに料理するのがベストです。黒で短髪のダンナだとより似合うはず!
 


Photo:Shimpei Suzuki
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ケリング アイウェア ジャパン カスタマーサービス
0800-555-1001

KEYWORDS
サングラス
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • G-TUNE by GLENFIELD ニューノーマル時代を生き抜くビジネスマンのための新ブランド、登場! 2021.3.31 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2021.3.30 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO