WOMAN ― NEWS

セックスの常識が変わる! ポリネシアンセックスで究極の快感を得る方法とは

2018.2.24 2018.2.24
Page 1/2
2018.2.24

5日間かけて行う秘儀の全貌

ポリネシアンセックスをご存知でしょうか? ポリネシアといえば太平洋の暖かい南国の島々。気候が暖かいとセックスも情熱的なイメージがある気がしますが、実際ポリネシアンセックスはとても官能的なセックス。なぜなら5日間に渡る愛撫でじわじわと焦らしあった結果、お互いの快感が倍増するすごいセックスなのですから。パートナーとマンネリ気味、日々のセックスに刺激がほしい、そんなあなたにオススメします。

ポリネシアンセックスとは

ポリネシアンセックスとは、ニュージーランド、ツバル、サモア、トンガなどといったポリネシア地方に伝わる伝統的なセックスの方法。肉体的な快楽よりも、精神的なつながりを重視したセックスです。

4日間は愛撫のみ、5日目に挿入を行うというもの。日本では五木寛之氏の著書『サイレント・ラブ』などで紹介されたことから有名になりました。長い時間をかけて愛情を確かめ合うことができるため、お互いに対する愛や精神的な充足を感じることができます。また、通常のセックスでは一瞬しか得られなかった快感が持続し、これまで感じたことのない深いオーガズムを感じることができます。

ポリネシアンセックスの手順

①1~4日目:キス、抱擁、愛撫

ポリネシアンセックスの場合、セックスは5日に1回。まずは2人がセックスする日を決めましょう。これは5日目に向けてセックスに対する気持ちが頂点に達するようにするため。はじめの4日は挿入をせず、裸で見つめあい、お互いの体を愛撫するだけにとどめておきます。普段は触れないようなお互いの体の様々な箇所を愛撫したりキスをしたりして、1時間ほどかけてじっくり愛し合いましょう。

ただし性器への愛撫はNG。ここで交接したい欲をぐっと抑えられるかが正念場です。しかし、実際愛情をこめて肌をすり合わせていれば、それだけでも心地よいことが実感できるでしょう。

②5日目:愛撫

待ちに待った挿入の日。しかし、ここで焦るのは禁物。すぐに挿入するのではなく、1~4日目に行っていたような愛撫を、たっぷり1時間は行います。そして性器への愛撫もここで解禁。4日間焦らしに焦らした性器はかなり感度が上がっているはず。あまりの気持ちよさに、男女問わずここで何度もオーガズムに達することも。

③5日目:挿入

お互い挿入の準備が整ったら、いよいよ挿入。男性のペニスを女性の膣に形状記憶させるつもりで、挿入しても30分間はピストン運動を我慢しましょう。30分間の間の中で、どうしても勃起力が弱まってくる場合は、少しだけ動かすだけで十分回復するはず。お互いの性器の暖かさを感じることで、興奮が高まってきます。

30分が経過したら、ゆっくり動きます。ゆっくりしたピストン運動と休憩とを交互にはさみながら、40分間ほどピストン運動を行います。お互い性感が高まっているため、あとは激しい動きをしなくとも、とてつもない快感と幸福感で満たされるでしょう。

ポリネシアンセックスにオススメの体位

・座位

お互いキスや抱擁、ペッティングがしやすく、お互い顔を見ながら会話が交わしやすいので女性に人気の体位。女性の膣に深く挿入しやすい一方、ペニスへの刺激は少ないため長持ちしやすいのも利点のひとつ。

参考URL
気持ちよすぎて癖になる。対面座位を女性が好む理由3つと動き方のコツ

・側位

激しい動きがしにくい体位なので、挿入したあとどうしても動きたくなってしまうという方にオススメです。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO