私が住んでいる武蔵国の某所は、野趣に溢れています。川のほとりにはこんな看板が。

このへんはこわいぞ!!!

百万語を尽くすより、幼児にはトラウマ的効果があります。この看板は、私が幼稚園児だった頃から、子どもたちの尻小玉をぶっこ抜いていました。

話は変わりますが、やまたのおろちはやはり渡来してきた「製鉄技能集団」のメタファーだったのでしょうか。製鉄のため山肌が削がれ、川が赤く染まった光景をやまたのおろちに仮託し、櫛稲田姫(美しい田んぼの姫)=稲作を守るためにスサノオが活躍した物語……と読めば、世界最古の「公害」の物語とも解釈できそうです。

あれ?

KURI



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 BLOG

連載をクリップ


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE