FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

春のVゾーンには、フランス・ニース発の爽快タイがよく似合う

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

その色柄表現に妙あり! ブリューワーのタイ

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第22回目は、ブリューワーのタイです。

上:1万8000円、下:1万8000円(ともに税別)/ともにブリューワー

春らしいVゾーンメイクにおいて、肝となるのはいうまでもなくタイ。特にコロニアルカラーをはじめ、リゾートスタイルが注目される今シーズンは、タイにも表情ある色柄、そして豊かな生地感が求められています。そこで注目されているのが、ブリューワーです。

1892年に創業したブリューワーは、現在フランスに拠点を構えます。その拠点とは、風光明媚な景色が広がるニース。フランス屈指のリゾート地です。そんな環境からインスピレーションを得ている同ブランドのタイは、その豊かな色柄表現に高い評価を得ています。今シーズンも、パステルカラーやチェック柄、フラワーモチーフなど、実に多彩なデザインを揃えています。現在では、その色柄使いや生地選びの巧みさを生かし、ジャケットやシャツなども手がけるまでに。2008年の北京オリンピックでは、フランス代表男子選手団のユニフォームを手がけたことでも知られています。

今回は、その豊富なラインナップから、リアルなビジネスシーンに馴染むブルー系をご紹介。ビジネス定番カラーながら、メランジ色やコットン×シルクによる軽快な生地感演出など、ありきたりでは終わらない一手を披露しています。

美色タイ企画では常連のブリューワー。このブルータイも、ネイビーをベースに白糸やブルー糸などを織り交ぜることで、表情豊かな色合いに仕上げています。ちなみにカンヌキ留めは、手作業にて行われています。
トレンドのペイズリータイも、シルク×コットンの清涼感のある生地に爽やかなインディゴブルーを乗せて、春夏にぴったりな色合いに。定番のストライプも、メランジ感やネップ感を取り入れることで、奥行きを演出しています。左:1万2000円、右:1万6000円(ともに税別)/ともにブリューワー 

 今シーズンは、レッドやピンク、オレンジといったリゾートカラーも豊富にラインナップされています。カジュアルスタイルのジャケパンでは、そちらを楽しんでみてはいかがでしょう。

Photo:Riki Kashiwabara
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ先】
コロネット
03-5216-6521
http://www.coronet.co.jp/
Instagram:breuer_japan_official 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


連載 オトナの”鉄板定番”ベスト

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE