WOMAN ― NEWS

どこが感じる? 女性の性感帯を徹底解説

2017.9.1 2017.9.1
Page 1/2
2017.9.1

愛撫で女性を乱れさせるには

突然ですが、あなたはセックスで女性を満足させられていますか? もし自信がないのなら、女性の性感帯について学んでみてはいかがでしょう。女性が感じるポイントを知っているのと知らないのでは、女性の快感度も大きく異なります。自分の愛撫で彼女が身悶える、そんな姿は想像するだけでドキッとしますよね。今回は女性の性感帯について、王道の部分から隠れた部分まで、徹底的に紹介します。

【王道編】

まずはどの女性も感じやすい性感帯から紹介します。ここを触っていればいいというわけではありませんが、的確にタッチすれば女性の乱れ狂う姿が見られるかも。

女性の性感帯はズバリ胸です。たた、ひとくちに胸と言っても、女性が感じる胸の範囲は幅広いです。胸の中でもどこが性感帯なのか、ひとつひとつ紹介します。

①胸全体

実はおっぱい自体は触られてもそこまで感じる部分ではないのです。なぜならば、女性のおっぱいは実質ほぼ脂肪だから。胸全体を激しく揉むのは、むしろ痛みすら感じてさせてしまうことがあるのです。

ただ、おっぱいを触ることに意味がないかといえば、決してそうではありません。触り方によってはきちんと性感帯になり得ます。ポイントは、触れるか触れないかくらいの強さのフェザータッチをすること。指の腹で円を描くように優しく触っていきます。すぐ乳首を責めたくなるかもしれませんが、それは一度我慢。乳首に触れられそうで触れられない、そうした焦らしや期待感に弱い女性は多いものです。舌を使うときも、乳首の周りを優しく舐めてあげましょう。

②アンダーバスト

次はあまり知られていない胸の性感帯を紹介していきます。アンダーバストは、おっぱいの付け根の部分です。ブラジャーのワイヤーが入っているところだと考えると想像しやすいと思います。一点集中で攻めるというよりは、他の部分と並行して指先で撫でてあげることで感じるようになります。ただ、ここは個人差が出やすい部位。彼女の様子を見ながら触ったり、場合によっては開発したりしてください。

③スペンス乳腺

実はここ、おっぱいのGスポットと言われている場所なんです! 胸にもGスポットがあるなんて、驚きですよね。場所は脇の下とおっぱいの境界線の部分です。こちらを愛撫するコツは、舌や指で優しく、たっぷり時間をかけて行うこと。しかし、ここは多くの女性にとって開発が必要な性感帯です。相手を見ながら愛撫して下さいね。

④ミルクライン

脇の下、乳頭、恥骨を結ぶラインのことです。ここをマッサージすると、女性ホルモンのバランスが整うと言われています。このラインには性感帯が点在しているため、彼女の反応をうかがいながら攻めてみてください。敏感な部分なので、強い刺激はNG。口や舌でねっとりと愛撫をしてあげるのが良いでしょう。

⑤乳首
乳首は胸の中で最も女性が感じやすい性感帯です。上記の性感帯をじっくり刺激して、十分焦らしたらいよいよ乳首を攻めていきます。感度は側面<正面なので、まずは側面を攻めましょう。指先でつまむ、舌先で舐めるといった愛撫方法があります。いずれにせよ優しいタッチを心がけ、弱い刺激で女性を悶えさせましょう。

側面を十分に愛撫し、女性の興奮度が高まっていることを感じたら、続いては正面を攻めます。こちらも弱い刺激でOK。この段階に来ると乳首も勃起しているはずなので、その部分をトントンとタッチしたり、軽くこすったりすると良いでしょう。舌先で刺激する場合は、唇で乳首を挟み、転がすように舐めてください。

慣れてきたら側面と正面を同時に攻めてみるのも◎。身体をくねらせる彼女が見られるかもしれません。

クリトリス

言わずと知れた性感帯。先天的な性感帯のため、ほとんどの女性が感じることができます。ここを攻める時は、他の性感帯への攻めで女性を十分に焦らしたあと。まずは下着の上から触って、快感を走らせましょう。

クリトリスのまわりの大陰唇や小陰唇も性感帯です。ここにも多くの神経が張り巡らされています。女性の興奮度が高まってくると、これらがふっくら膨らんできたり充血したりするので、触れてあげましょう。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO