BUSINESS ― SONY元異端社員の艶笑ノート

大事なことはみんな女が教えてくれた

【本当にあったドラマのような話】家庭教師先のミスコンママが

2017.6.26 2017.6.26
2017.6.26

ほろ苦い思い出です

学生時代、ぼくはとにかく金がなく、色んなアルバイトをした。マクドナルドの店員に牛丼屋の店員、引っ越し屋に警備員、さらには運動会の設営と進行なんてのもやったりしたが、ある日同級生から家庭教師を勧められた。

聞けば、時給2000円はもらえるという。当時のアルバイトといえば時給800円もらえれば高い方だったから、2000円は破格だが、家庭教師は1日にせいぜい2時間だ。

「日給だと4000円か……」

「でも、家から通えるし、相手のレベルも選べるから、お奨めだよ」

「どうやって相手を見つければいいの?」

「紹介してくれる業者があるんだ」

「何それ?」

「教科や場所などの条件を登録しておくと連絡が来るんだ」

「知らなかったよ。でも、そういうところってピンハネするんでしょ?」

「ぼくらからピンハネはしないけど、家庭教師先の家から日給の2倍くらいを取っているらしいよ」

だとすれば、幾らなんでも気の毒だ。相手とじかにやりとりずれば無駄な費用は払わずに済むし、こちらだって気持ちがいいと思ったが、問題はどうやって相手を見つけるかであった。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ある日、府中駅前の信金にお金を下ろしに来ると、店内の伝言板が目に入った。そこには、「家事代行します」

「庭の手入れします」

などと書いてあったが、その中に、

「家庭教師します。小学生の国語と算数。時給応相談」

というのがあった。

なるほど、その手があったかと思った。
他にも家庭教師の書き込みがあったが、どれも小学生や中学生を対象にしたものばかりだった。
ぼくは数学が得意だった。そこで掲示板にこう書いた。

「高校生の数学の家庭教師します。時給応相談」

数日後、同じ府中に住む高校生の母親から電話が来た。

「高校生の数学を教えてくれる人がなかなかいなかったんです」

「大丈夫ですよ。数学は得意ですから」

「では、お願いすること前提で、一度ウチまで来ていただけませんか?」

「わかりました」

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

現れたエキゾチックな母親

約束した日にぼくは相手の家を訪ねた。
家は一戸建てで新しく、オシャレなブロック塀に囲まれていた。インターホンを押すと、チャイムの音につづけて、

「はーい」

と女の声がした。

「家庭教師の件で電話をいただいた松井です」

「いま開けまーす」

ドアが開いて女の人が顔を見せた。電話をくれた母親なのはわかったが、顔を見てドキッとした。混血を思わせるエキゾチックな顔立ちで、ハリウッド映画に出てくるアジア人女優のような雰囲気があった。

リビングに案内されると高校生の息子がいた。

「陽一(仮名)です。よろしくお願いします」

「こちらこそ、よろしく」

話は母親主導で進み、息子は黙って聞いていた。時給は3000円くれるという。ぼくとしては申し分なかった。

「よかったら、今日からさっそく始めてもらえませんか?」

もちろん、そのつもりだった。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

「先生、ママのこと好きでしょ?」

息子の部屋に案内された。ぼくのアパートより広いくらいだった。お金持ちなんだと思った。
さあはじめようと、勉強机の前に並んで座ると、いきなり息子が言った。

「先生、ママのこと好きでしょ?」

ぼくは慌てて、「そんなことないよ!」

「嫌いなの?」

「いや、そうじゃなくて」

「やっぱり好きなんじゃん」

勘のいい少年だと思った。

「でも、ママってたしかにきれいだよね」

「短大時代にミスコンに出たことがあるんだ」

「そうなんだ!」

「結果知りたい?」

「うん」

「じゃあ、教えない」

こうしてぼくの家庭教師は始まった。

「食事召し上がっていきません?」

ぼくは週2回訪問し、2時間教えることになった。

そんなある日のことだった。

いつも通りに行くと、息子はまだ帰っていなかった。部活の大会が近づいているため、練習を抜けられないというのだ。

「ごめんなさいね。電話した時はもう先生が出ちゃった後で……」

「しょうがないですよ。じゃあ、また明日来ます」

そういって帰ろうとすると、

「よかったら食事召し上がっていきません? 食べているうちに帰ってくるかもしれないから」

「でも……」

「もう用意してあるんです」

これまで、お茶やおやつを出してもらったことはあったが、ごはんは初めてだった。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

テーブルに向かい合わせに座ると体がコチコチになった。
彼女がビールを注ごうとしたので、ぼくは遠慮し、

「陽一君が帰ってきたら勉強教えなくちゃいけないから」

「大丈夫よ。一杯ぐらい、いいじゃない」

グラスを合わせた時、彼女の顔を見た。最初からきれいだとは思っていたが、やっぱりきれいだ。
まじまじと見ていると、

「なあに? 先生?」

「何でもないです」

「ふうん。何でもないんだ」

食事をしながらも度々目が合うが、何だかバツが悪い。ビールを飲み干すと、彼女が注いでくれる。それを繰り返すうち、ぼくは酔ってしまった。これでは息子が帰ってきても勉強が教えられない。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

「私、肩こりがひどいんです」

食事を終え、息子の部屋にいると、彼女が入ってきた。

「先生、ちょっとお願いしてもいいかしら?」

「何ですか?」

「私、肩こりがひどくって、ちょっと揉んでくださらない?」

彼女は息子の椅子に座った。ぼくは後ろに立ち、ワンピースの上から肩に触れた。とても華奢だった。

首の付け根を押すと、

「そう、そこ! そこ!」

絞り出すような声に続き、

「もうちょっと下をお願い」

肩胛骨と肩胛骨の間のあたりを押すと、

「そこ、効くわー」

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

すると彼女は腰をあげ、息子のベッドにうつぶせになった。

「背中もお願いできないかしら?」

もう、流れに任せるしかないと思った。

ぼくは彼女の背中を優しく押した。肩から背中に移動するうち、下着の紐に手が当たった。決してわざとではなかった。咄嗟に手を引っ込めると、彼女は何も言わず、後ろ手にホックを外した。ぼくは無言でマッサージを続けた。

「言うと自慢になっちゃうから」

しばし沈黙が続いた。何か言わなきゃと思った。

「短大時代にミスコンに出たって、陽一君から聞きました」

「まあ……」

「結果を知りたいと言ったら、教えてくれなくて」

「あの子らしいわ」

ぼくは手を止め、

「優勝したんじゃないですか?」

「言うと自慢になっちゃうから」

彼女の背中が汗ばんできているのがワンピースの上からもわかった。

「あー、気持ちいい」

彼女はため息をついた。このままどうなるのだろうと思っていると、玄関のチャイムが鳴った。

「陽一が帰ってきたわ」

彼女はベッドから起き上がり、ぼくのほっぺたをつまむと、

「続きはまた今度ね」

といって玄関に行った。
下着を外したままで大丈夫なのかとぼくは思った。

松井政就(マツイ マサナリ)
作家。1966年、長野県に生まれる。中央大学法学部卒業後ソニーに入社。90年代前半から海外各地のカジノを巡る。2002年ソニー退社後、ビジネスアドバイザーなど務めながら、取材・執筆活動を行う。主な著書に「本物のカジノへ行こう!」(文藝春秋)「賭けに勝つ人嵌る人」(集英社)「ギャンブルにはビジネスの知恵が詰まっている」(講談社)。

KEYWORDS
SONY
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO