FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE 昭和なアニキのアニ散歩

「アニ散歩」動画 赤羽篇
〜昼から赤羽!アポ無し!はしご酒(前篇)〜

 

赤羽で呑む時に、10年相棒のレッド・ウィングを履く理由

男にとって酒場とは人生勉強の場だ。
1人飲みで常連と酒を交わすもよし。
男同士、本音を語り合うもよし。

ここ赤羽では名店「まるます家」のような馴染みの酒場に行く時もあれば、行き当たりばったりで初めての酒場にも行く。

男なら守りに入るだけでなく、時には攻めなければいけない。

酒を知り尽くした粋なダンナが多い街、赤羽は美味い酒と美味いメシで俺を心地よく気絶させてくれる。

泥酔ではなくアニキゼツだ。

そんな時の足元は、レッド・ウィングのアイリッシュセッター。もう10年以上履いているこのタフな黒いブーツは俺の過去10年を全て知り尽くしている。

この10年いろいろな事があった。

俺はあの頃より上手に酒が飲めているだろうか?
人の心を見つめつづけているだろうか?
そんな自分探しの散歩酒は
後篇へとつづく。

Text: Eiji Katano
Movie: Issei Matsui

\\\  2018年11月23日アニクルーズ開催決定!!! ///
アニクルーズ11/23(金)祝日出航
「東京の海は気絶な色やね」 限定40名
フリードリンク&ブッフェスタイルで2時間のクルーズパーティ
<ご乗船のお申し込みはコチラから>

 

「まるます家」
東京都北区赤羽1−7
Tel. 03-3901-1405
営業時間  9:00~21:30
定休日   月曜

プロフィール
片野英児(かたのえいじ)
1968年生まれ。昭和とメンズ服飾を愛してやまない48歳。小誌編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島とイタリア。プロレスに行くと、なぜかマスクをかぶって観戦したくなってしまう。



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 昭和なアニキのアニ散歩

連載をクリップ

カテゴリー LIFESTYLE


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE