流れる季節にキミだけ足りませんね?ダンナ。

青山のスパイラルビルの喫茶店で隣に座った男性たちの、あまりに怪しいハナシにゾクゾクしました。

テーブルを挟んで向かい合っているのは、気が弱そうなおじいさんと、オラついたオジサン。

霊魂が漏れているのでは?と思うほどスローにタバコの煙を吐き出しながら、おじいさんは、目の前の契約書をにらんでいます。

オラオラさん:「社長、早くハンコ押してくださいよ。○○さんが何回役所に足を運んだと思ってるんですか。これ以上延ばせませんよ、ささ、ココとココ!」

おじいさん:「うう……ん。ち、ちょっと待ってくださいね。あ、そういえばこの間ギンザで立て替えた15万円、まだ返してもらってないですよね」

耳がダンボ!(古墳語)

オラオラさん:「そしたら月曜日振り込むから。それ確認したら速攻でハンコついてくださいよ。オレいまから六本木でアポだから、ここオレ払っとくわ」

こうしてオラオラさんは立ち去ったのですが、おじいさん、ガラケーでどこかへ電話をかけ始めました。

「先ほどはコーヒー、ありがとうございました。月曜日にお渡しする1000万円は現金手渡しがいいでしょうか。振り込みがいいでしょうか。銀行だと手数料がかかって……」

その電話を切った後、すぐにおじいさんはどこかへ電話をかけ始めたました。

「インフルエンザっぽいんですけど、いまから入院できますか?」

おじいさん、アナタは何者ですか?

栗P



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE