FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
親愛なる読者諸兄の皆さま、ボンジョルノ! 今日はミラノコレクションのため、フィレンツェからの移動日です。
 
空き時間を有効に使うことこそ、海外出張の醍醐味。フライデー時代、山本太郎さんとチェルノブイリに行った時や、与沢翼氏とベトナムツアーに行ったときもそれはそれは凄かったのですが、それとは180度違う干場編集長との旅も1秒1秒が気絶の連続です。
 
なかでも世界遺産のサンタノベッラでは、ドーモの天井画に魂を鷲掴みにされました。悲しみの深さこそ、人間が人間であるための証し。キリスト教の根底にある悲しみの深さに、体が浮くような感覚を覚えました。悲しみより入りて天国に至れ、です。
 
 
 

まるでメガネをかけかえたような気持ちで表へ出ると、すぐにハイブランドが軒を連ねる目抜き通りに。みんなとブラリと入ったメガネ屋で、思わずサングラスを自腹買いしてしまいました。迷える子羊は、聖と俗の間を行ったり来たりです。おまけにビンテージの原田大二郎っぽいサングラスまで友買いしてしまい、物欲が止まりません。

これはさすがにパーティグッズだろ! 「栗さん、三週回って格好いいです」(by サトシーノ)

え、次はプラダに行くって? 危ない危ない。一回サンタノベッラ大聖堂に戻ってアタマを冷やして来ます。ドーモすみません。

 
あれ?気づいたらミラノ!これからゼニアのショーに行ってまいります。
メリルストリープみたいな人がいっぱいいて怖い! 埼玉・熊谷出身の田舎者がここまで来られた僥倖にまずは感謝せねばなりますまい。
 
 
それではきょうはこのへんで! チャオ!
栗P



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 BLOG

連載をクリップ


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE