FASHION 干場の「エコラグ」

第132回 アディダス オリジナルスのスニーカー

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

あまりの快適さに 休日はコレばっかり

実はいま、いちばん履いているスニーカーがコレかもしれません。2年ほど前に新宿駅中央東口に直結するアディダス ブランドコアストア 新宿で、名前も知らずに買ったモデルです。新宿のこの店は、アディダスの国内最大級の直営店で、スポーツカテゴリーからカジュアルスタイルまで、なんと約2000点もの商品をラインアップしているんです。アディダス好きとしては、マメなチェックが欠かせません。

というのも、普段の反動なのか、最近は休日にアディダス オリジナルスのトラックスーツを着ていることが多いんですよ。少し前まではTシャツにデニム、ブーツのような格好が多かったんですけど……。アスリートのオフタイムみたいなスタイルがいいなぁと思って、3本線が入った黒のタイプを上下セットアップで着て、キャップとサングラスを加えたコーディネイトが気に入っています。オジサンのちょっとB-boy的な感じですかね(笑)。

で、このスニーカーはそのときに合わせる足元用。調べてみたら「チューブラー ランナー」というランニングシューズでした。いままでハイテク系のモデルって派手なものが多くてほとんど買ったことがなかったんですけど、これは90年代っぽいデザインで、しかも黒というのが琴線に触れたんですよね。タイヤのインナーチューブをモチーフにしたアウトソールが特徴で、本当にびっくりするぐらい履きやすいんです。ミッドソールに密度の異なるEVAを搭載することで、快適な履き心地を実現しているそうです。

アッパーのフィット感も抜群で、まるでソックスを履いて歩いているよう。あまりにも楽なので、近ごろでは国内出張の移動の際も、新幹線の中ではトラックスーツにこのスニーカーで過ごして、向こうに着いてスーツに着替えたりしています。それにトレンドのリブパンにも相性がいいので、すごく重宝しています。なんだかんだいっても、結局は楽なものには勝てないんですよね。TPOはわきまえますが、一度、この履き心地を知ってしまったからには、これからはハイテク系のモデルにも注目してこうと思っています。ちなみに、あのベッカムも愛用していました!!!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 干場の「エコラグ」

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE