NEWS

腹黒ライター♡
こじらせ悠子のこじらせ日記!【Vol.1】

2016.3.12 2016.3.12
Page 4/5
2016.3.12

2016.2.4
『高スペックな男ほど、女子の「すっぴん」に文句を言わない』

ごきげんよう。
FORZAライターの西内悠子だわ。

『高スペックな男ほど、女子の「すっぴん」に文句を言わない』

さてさて、挑発的なタイトルになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもこれ、ある意味では事実なのではないかと。

高スペック男とは、モテ男、金持ち男、イケメン男などに多く見られる「心に余裕がある男」を指します。こういう男性って総じて大して可愛くも若くもない女子にも優しいものです。

どうみても可愛くない女子に可愛いねって言ってくれる。タレントやモデルを見慣れているにもかかわらず。たぶん、見慣れてるから可愛さや美しさにいちいち執着しないのだと思うんです。

対して、低スペック男。

低スペック男とは、「心に余裕がない男」を指します。原因は様々。低ルックスとか、低収入とか、非モテとか、そのあたりでしょう。

そういう男に限って、「俺は可愛い女なんて見慣れてるから」とでも言いたげに、可愛くない女子を邪険に扱うんですよね。可愛い女なんて見慣れてるアピールをするような男は総じて、可愛い女を見慣れてるかどうかは知らないけど、実際には可愛い女に相手にされないタイプだと思うのです。おそらく相手にされないからこそ、可愛さや美しさにいちいち執着するのでしょうね。

以上のことから、高スペック男=ブスをも許す広い心を持っている!! ゆえに、私が「スッピンで行っていい?」と言っても、「いいよ」と言ってくれる。

おそらく自分に自信があるから、1人くらいスッピンのみすぼらしい女を連れていたところで、彼のイメージに支障がないんでしょうね。

対して低スペック男=ブスをバカにしている!! ゆえに、私が「スッピンで行っていい?」と言ったら、「俺は、オシャレして会うに値しない男ってことか」などと憤慨する。

おそらく自分に自信がないから、着飾った可愛い女を連れて歩きたいのでしょうね。申し訳ないですね、みすぼらしくって。

と、なんだか毒づいてしまいました。オホホ。でもね、一応私もTPOを弁えねばならない良い大人ですので、人に人を紹介される場や、人が集まる華やかな場には、誘ってくださった人の顔を潰してしまわぬよう、極力化粧をして、着飾って応戦したいと思います。

はぁ...なんのこっちゃ。低スペック女の戯言だと言われれば、それまでです。

今日の一枚。田園調布にて。『青信号は、気をつけて渡ろう』

 

 Text&Edit:Yuko Nishiuchi
Photo:Satoshi Nakamoto

【西内悠子・ライタープロフィール】
1988年、兵庫県西宮市出身。同志社大学文学部哲学科卒。avexへの就職を期に上京し、3年半のOL経験を経てフリーライターとなる。在学時に自身のアメーバブログが大学生ランキング1位を獲得。会社員時代、dマガジン「Hot-Dog PRESS(講談社)」にて「おじさんハンター」として連載をしていた。

▶西内悠子の記事一覧
1ページ目はコチラ
    2ページ目はコチラ

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.7.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO