COLUMN

石田憲孝がナビゲートする
未来の自分をつくるための“投資時計”
第1回 オメガ 「マスター コーアクシャル」

2016.1.3 2016.1.3
Page 2/2
2016.1.3
後世に絶大な影響を与えた007の着こなし

『007』シリーズは後々ファッションの世界にも絶大な影響を与えた。タキシードにダイバーウォッチを合わせる? そんな初代ボンドのタブーでナンセンスな組み合わせに当時の人たちは驚いただろう。当時はタキシードといえば薄い金無垢と相場が決まっていたのだから。それなのに英国紳士の007はロレックスを身に付けていた(原作ではロレックス「オイスター パーペチュアル」を使っていることが多い。ちなみにロレックスの発祥は英国)。しかもミリタリーのような仕様にして。

そして、その方向性から少し離れた時期もあったが、ピアース・ブロスナンの『007 ゴールデン・アイ』からオメガ シーマスターが装備され30年の歳月が経つ。今ではスーツやタキシードにダイバーズという組み合わせは定番になっている。もしボンドがダイバーズウォッチを使っていなかったら、これほどダイバーズウォッチが人気になっていただろうか? それがボンドの影響力なのだ。

さて、そんなボンドの時計。販売されているものには「007」の刻印があるものとなる。限定なので、すでに入手は困難だ。

「シーマスター300 マスターコーアクシャル」64万円(税抜)。定番のモデルでブレス仕様となる。ストラップを取り付けるとボンド仕様を体感できる。1957年からのシリーズになり、昨年、初期型が復刻された。焼けた感じのアワーマークはこのモデルが古いデザインを継承していることに基づいている。こちらのスペックはベゼルが逆回転防止仕様となっている。要は潜水仕様。

しかしご安心を。ボンドの任務で使われているものには「007」の刻印はない。あったら身元バレるしね。その刻印なしならば購入が今のところ可能である。定番として人気になっている「シーマスター300」のブレスレットをフェニックス社のストラップもしくはオメガ純正のストラップに交換すれば、細部の仕様は違うが、魅力的なモデルが完成する。

オメガ専用のNATOタイプのストラップは3万円弱で購入可能。フェニックス社のものならば5000円以内で入手できる。僕はあえてこのような定番を自分なりに変えていくことも提案したい。定番をどう着こなすかこそ本人の力量次第だからだ。

左/「シーマスター300 マスターコーアクシャル」にフェニックス社のストラップを装着したもの。 右/「シーマスター300 マスターコーアクシャル スペクター リミテッド」。オメガ純正のNATOタイプのストラップを装備。パーツには「007」と刻印がある。秒針、ベゼル、オメガロゴなどに差異がある。

Text:Noritaka Ishida

【問い合わせ】
BEST新宿本店
03-5360-6800
http://www.ishida-watch.com/

石田 憲孝(イシダ ノリタカ)1966年生まれ。 正規腕時計販売店「BEST新宿本店」、「ISHIDA表参道」、「THE WATCH SHOP. 」、「ブライトリング・ブティック 東京」など手掛ける株式会社ベスト販売代表取締役社長。1995年に自身の時計ブランド『GSX』を立ち上げ、国産による職人が一本一本丹念に一貫生産された「メイド・イン・ジャパン」をテーマとしたコレクションを展開。映画評論、ラジオパーソナリティーと他分野でも活動。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO