CAR NEWS

最新のムーブメントで復刻を果たす
このレトロ感がオヤジ世代を串刺しに

ネオクラシックな意匠がお洒落
新生フィアット124スパイダー

2016年夏、フィアットの名車「124スパイダー」が50年ぶりに戻ってきます。初代モデルは美しいピニンファリーナの意匠で1966年に誕生。その後リフレッシュを受けながら20年間も生産され多くのファンに支持されました。

このエレガントな小型オープンカーは名手アバルトによりチューンナップが施され、フィアットワークスとしてWRCに参戦したキャリアをもちます。クルマ本来がもつ素性の高さを物語るエピソードでしょう。

さて、復活を果たす124スパイダーですが、新型はマツダとの業務提携によりシャシーを同社のロードスターと共有。しかし、パワーユニットはフィアット最新の1.4リッター直4ターボエンジンを搭載します。

気になるのは、その走りのテイストです。サスペンションのセットアップなど、そこはラテンの血が黙っていないはず。

デザインは初代124スパイダーの面影を残すオマージュ的作風に。懐かしさとともに、大いに期待したいモデルです。

Text:Seiichi Norishige

価格:未定

【問い合わせ】
FCAジャパン
0120-404-053
http://www.fiat-auto.co.jp/



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 NEWS

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE