FASHION NEWS

トーン・オン・トーンで着やすくなった
ペイズリー柄のチェスターコート

キャメルじゃなく、
ネイビーってのが新鮮です

柄物に抵抗がある方って大勢いらっしゃると思いますが、最近の総柄ブームの流れからトーン・オン・トーン、つまりで無地に近い感覚で着られるアイテムをよく見かけるようになりました。それをあのエトロがやったらどうなるか。考えるだけでワクワクしてしまいますよね!

このチェースターフィールドコートは、ペイズリー柄をネイビーで色調を統一することで、とっても着やすくしているのがポイントでして。巷で流行っている無地のキャメルのコートと比べると、すごく鮮度があるってことに気がつきます。しかもプリントじゃなくジャカード織りでペイズリー柄を表現しているので表業がすごく豊か。だからサラッと羽織るだけで様になるんですよね。

で、肝心のコーディネイトのお話も。このルックもそうですが、地味すぎず派手すぎず、そんなところが着地点だとすると。シンプルなデニムはマストだとして、インナーやシューズは同色系は避けて茶系を合わすと、コントラストが生まれてバランスよくまとまるはずです。

つまるところ、このコートを楽しめるのは40男の特権かと思うんです。なぜかって、やっぱり酸いも甘いも噛み砕いた大人の経験値を背にして、しっかりと自分のものにして着こなすのが大前提。マンネリ化した気分を打破するにも最適ですよ!

Text: FORZA STYLE

最終的には自分なりにアレンジしていただきたいのですが、このルックもぜひご参考に。シンプルなスラックス型のデニムや色使いなど、見所満載です。 コート 29万円(税抜)

【問い合わせ】
エトロ ジャパン
03-3406-2655
http://www.etro.com
 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


連載 NEWS

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE