FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

第2回 カミチャニスタのシャツ

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

コストパフォーマンスに優れた、
カミチャニスタのシャツ

ビジネスシーンにおいて、白シャツを白いままの綺麗な状態で美しく着こなすことは重要です。黒に近い深いネイビーやチャコールグレーなど、ダークスーツを美しく引き立てるシャツの色は純白とされており、コントラストがはっきりする白は清潔さ・誠実さの象徴となっています。シャツは目立たなそうでいて、実はスタイル全体の印象を決定づけてしまうほどの影響力も持っているのです。

そんなシャツをビジネスで着る場合、高級で上質なシャツを挙げていけば切りがないのですが……。白いシャツは、着ているうちにどうしても襟回りや袖口が汚れてきてしまうものです。常に清潔さを保つなら、汚れてしまったらすぐに新調できるくらい手頃な価格が求められます。

しかし、ただ価格が安いだけのものを選ぶというのは賢明ではありません。前述した通り、シャツは着こなし全体の印象を決定づけると言っても過言ではないので、細部のディテールへのこだわり、エレガンスを感じさせてくれるというのが必須。つまり「適正価格」、コストパフォーマンスに優れたシャツを選ぶべきなのです。

以上の条件を考えると、カミチャニスタのシャツは、質・価格ともに、とても良いバランスがとれています。良心的な価格にも関わらず、イタリアンクラシックのスタンダードを踏襲したデザイン、堅牢で上質な素材選び、そしてマシンを利用した適度な作りの良さなど、シャツとしての黄金比率(デザイン)も完璧。ビジネスマンとしてシャツを着るなら、このシャツを同じ色・サイズなどで数枚揃えれば間違いないはずです。他のシャツを選ばなくて良いとまでは言えませんが、まずはこれを買って、シャツの良さを学んでみてはいかがでしょうか。

サイズは、当然自身にフィットしていて、シャツのボタンを開けたときの雰囲気や、袖口のカフの処理、そしてステッチなど自分を美しく見せてくれるシャツを選ぶべきです。

清涼感のある淡いブルーであるサックスブルーや、繊細なストライプやチェックというのも素敵ではありますが、ビジネスでのシャツを選ぶなら、まずは白。デザイン・素材・価格のバランスが優れた適正なシャツを、常に清潔な状態で着こなしましょう。

カミチャニスタ
http://camicianista.com/

Photo:Yasuhisa Takenouchi
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
エコラグは、エコノミックラグジュアリーの略。経済的だが、上質さは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。干場が敬愛するブルース・リーが提唱した無駄を排した最短の動きで相手を倒すジークンドーのように、経済的で無駄のない上質なスタイルを指す。



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS



あなたにオススメ


連載 干場の「エコラグ」

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE