干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【いい塩梅!】アーバンブラックを極めたサンローランのスニーカーとは?

2018.9.8 2018.9.8
2018.9.8
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

ローテク最新モデル「ANDY(アンディ)」の魅力

今年の夏、主役となったのは90年代に流行したレトロな顔立ちのスニーカー。特にトレンドアイテムとして注目されるのは、ボリュームのあるソールが特徴的なダッドスニーカーと呼ばれるもの。先日ミラノに行った際もかなり履いている人が多かったです。

若者中心に、個性的なデザインのスニーカーブームが続く中、一方でコンサバな大人がベーシックに履けるデザインを求める声も多数。特に秋冬は、ジャケットやコートなどドレスアイテムを休日に取り入れやすいため、足元だけやたらストリートすぎるとチグハグな印象になりやすい為です。

スニーカー 8万円(税抜)/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ

そこでオススメしたいのが、サンローランの新作スニーカー『ANDY(アンディ)』。スケーターシューズからインスピレーションを受けたローテクなデザインと、手間がかかるヴァルカナイズド製法を掛け合わせています。サイドにゴールドでサンローランのロゴが控えめにエンボスされているのがキモ。この必要以上に主張しないシンプルなデザインが、大人の魅力を引き出してくれる良い塩梅なのです。

アッパーに使用しているカーフレザーは、非常に柔らかで足に馴染みやすく、フルフラットのラバーソールとも相性抜群。スニーカーながら上質なドレスシューズを彷彿させ、ジャケットやコートとMIXしても全く違和感がありません。黒ライダースに黒スキニーやテーパードを効かせスラックスと合わせた都会的な黒スタイル、通称「アーブラ」(※アーバンブラックの略)を楽しむのがFORZA流気絶スタイル。流行に左右させず、年中使い回せるアンディは今季ヘビロテ決定の一足です。ぜひお試しアレ!

Photo:COURTESY OF SAINT LAURENT
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
イヴ・サンローラン
0570-016655
http://www.ysl.com/jp


 

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO