FASHION ― エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

【ハワイでこじらせ買い!】ブルネロ クチネリの超高級スウェットパンツ

2018.7.26 2018.7.26
2018.7.26
エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

スウェットなのに、まるでカシミアのような手触り

昭和の歌姫、ちあきなおみの名曲『喝采』を覚えていますか? “あれは3年前 止めるアナタ〜♫”。そう、このスウェットパンツとの出合いは3年前でした。運命の場所はハワイのホノルル。大してやることもなかったので、ぶらぶら街中を徘徊していたら大好きなブルネロ クチネリのショップを発見! カシミアが売りのブランドと常夏のハワイのミスマッチに好奇心がビンビン刺激されてしまったわけです。

しかも中に入ってみると、なかなかイイ感じのスウェットショーツがあるじゃないですか。でも、恐ろしいくらい値段が高い……。スウェットはビームスでアルバイトする前から、ありとあらゆるものを経験してきたつもりですが……。このスウェットは同行した人たちが足を止めるくらい高価だったと記憶しています。というか気絶してて覚えていないんですけどね(笑)

こうなると、うちの編集部員のヤナカの連載「こじラグ」と一緒ですよね。誰が何と言おうと、自分の衝動が止められなくなってしまうんですから(苦笑)。だって、スウェットなのに触った瞬間、カシミアかと思ったくらい手に吸い付くんですよ。これには正直ビビりました。スウェットという爽やかなベールの下に隠されていたのは、とてつもないエロスだったのです。

しかもそのとき、日焼けし過ぎて短パンが腿に擦れるだけで痛かったのに、ブルネロ クチネリのこれは、まったくそんなことがありませんでした。もちろん、部屋着にしてしまうのはもったいないので、外でもガンガン穿いています。

さらに帰国後、短パンだけじゃなくて、普段穿ける長いレングスのスウェットパンツが欲しくなって、青山のブルネロ クチネリに電話で問い合わせたところ、取り扱いがあることが判明。この展開には目が♡ですよ。もはや運命すら感じてしまいました。

そんなわけで、今では年中これでイケます。ただ、Sサイズがちょっと自分の感覚では大きい気がしたので、洋服リフォーム専門店「浅野洋品店」に持ち込んで、ワタリを細く、丈も短くしてもらいました。僕の場合、ここまでやってパーフェクト。やっぱり、普通の人からみると、こじらせているんですかね?

ここ最近、スポーティな格好が気に入っていることもあって、スウェットパンツの投入機会が増加中。休日はだいたいTシャツにライダースジャケット、スウェットパンツにスニーカーという組み合わせが定番になっています。ブルネロ クチネリって、こういうカジュアルなアイテムでも細かい部分にまで計算されていて、ドローコードの先やジップの持ち手に革があしらわれていたりして、ちょっと高級感があるんですよ。だから、オトナが穿いても似合うんですよね。

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.12.7 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO