FASHION ― COLUMN

百貨店カリスマバイヤーが指南する、
大人の男のデニム道

2018.6.16 2018.6.16
2018.6.16

大人の男のジーンズ、NGなのはこの3つ

ビジネススタイルについて数冊の著書があり、スーツのイメージが強い松屋銀座の紳士服シニアバイヤー・宮崎俊一さんだが、実は、LEVI’S 501を100本以上持つほどのジーンズマニア。
実際に「ジーンズは何をはいたらいいの?」という質問をよく受けるそうだ。宮崎さんに、大人の男が選ぶべきジーンズについて話をうかがった。
「“何をはいたらいいの?”と言う前に、“何をはいたらいけないのか”についてお話ししたいと思います。私が考えているNGジーンズは次の3つです。

1 股上が浅く、ストレッチが入ったピチピチのスキニーパンツ
これは絶対にはかないでください。バキバキに鍛えた上半身とスラリとした下半身の韓流スターならサマになりますが、おなかぽっこり、太ももむっちりのおじさんが着ると……目もあてられません。

2 激しいダメージ加工、不自然なユーズド加工が施されたジーンズ
NGジーンズの中でも特によく見かけるのがこれです。人工的につけられたシワや色落ちは整形感丸出しで、逆に格好悪く見えるので大人が買うジーンズにふさわしくありません。

3 大きくロゴの入ったジーンズ
このタイプも、よく目にします。これはジーンズを買うのではなく、ロゴを買う行為です。

他にも、80年代に流行したケミカルウォッシュのジーンズ、裾が広がったフレアーやブーツカットのジーンズも、大人の男性には似合わないのでやめてください」

 

全ての人に似合うジーンズは存在しない
宮崎さんがおすすめするLEVI’S 501とLee101。誰もが知るジーンズの定番だけに、1本は持っていたい。

「雑誌では実に頻繁にジーンズの特集をしています。人気ブランドや海外セレブが着用しているジーンズが掲載され、それにつられて買ってしまうという方も多いと思いますが、実はジーンズ選びの失敗はここにあります。
どんなにカッコいいジーンズでも、体型に合っていなければ、その買い物は失敗です。全ての人に似合うジーンズは存在しません。必ず試着をして、自分の体型に合うかを見極めてから購入されることをおすすめします」

「トレンドのジーンズは2~3年後には流行おくれとなってカッコ悪くなってしまいますが、定番のジーンズならそんな心配は無用です」

 

万能なのはジーンズメーカーの「定番」や「新定番」

「私がおすすめするのは、ジーンズメーカーの定番や、定番をアレンジした“新定番”。定番となっているだけに品質がよいのが魅力です。

具体的には、LEVI’Sの501、501CT、Leeの101。ワンウォッシュの濃い目の紺色で、程よくゆとりのあるストレートフィットのもの。パッと見てカッコいい形ではありませんが、いつの時代にも合い、シルエットがきれいなので、ポロシャツからジャケットまで幅広くコーディネートが可能な“万能アイテム”といえます。この3つは、男っぽいジーンズの代表です。

LEVI’SとLeeのどちらを選ぶかはお好みで。試着をしてみてしっくりするほうを選んでください」

気に入ったシルエットの一本に出合えれば、補修してでもはき続けたくなる。長くはき込んだ風合いを愉しむのも、大人の男のジーンズ道だ。

補修の一例。宮崎さんが20年以上愛用しているLeeウエスターナー。新しいものを買っても、体に馴染んだこの1本がお気に入りなのだとか。傷みやすい太もも部分は裏にあて布をして、表からミシンで補修しながら大切にしている。

 

裾上げ次第で大違い。安易な裾上げは禁物

「男のジーンズとしてこだわっていただきたいのが、裾上げです。不要な場合はいいのですが、もし裾上げが必要な場合は、チェーンステッチができるところを選んでください。ちなみに、松屋銀座では、チェーンステッチのためにユニオンスペシャル社のミシンを用意しています。さらに、ヨレを出すために少しずらして裾上げするなど、忠実にオリジナルを再現するようこだわりました」

裾上げは必ずチェーンステッチで。さらに合わせ部分から若干ずらすことで、裾上げ部分にオリジナルのようなヨレ感が出るという。

迷いがちな大人の男のジーンズ選び。ブランド重視、トレンド重視で選ぶのもいいが、ベーシックアイテムをとことんこだわって着こなす、これぞ大人の男のジーンズ道なのかもしれない。

photos:Mitsutoshi WATANABE

宮崎俊一 みやざき・しゅんいち

1965年北海道生まれ。1989年株式会社松屋入社。96年より紳士服バイヤーとして活躍。独学でイタリア語を習得して生地の買い付けに出向き、国内の仕立て職人とともに作る「丸縫い既製スーツ」が人気を集め、イタリア製スーツを凌駕するその品質の高さはアパレル業界を驚愕させた。現在はIFIビジネス・スクール、青山学院大学、首都大学東京、東京経済大学、横浜市立大学においてファッションビジネスのカリキュラムで講師を務める。企業トップのスタイリング、ファッションセミナーなど幅広く活動している。著書に『成功する男のファッションの秘訣60』『成功している男の服選びの秘訣40』『ビジネススーツを格上げする60のルール』(講談社)がある。

あなたの印象、9割は身だしなみでどうにかできる! 紳士服を知り尽くしたカリスマバイヤーによる、ビジネスを優位に進める超リアルメソッド!  誰にも聞けなかった「ビジネススタイル」の疑問に、カリスマバイヤーがスパっと回答します。
「今さら聞けない、買うときのどうすればいいんだ?」「シーン別で考察 明日、何を着ていけばいい?」といった疑問や不安に対する答えを軸に、「出張の達人になる裏技」などのプロならではのアドバイスが満載。
ビジネスマン「身だしなみ」向上委員会 定価:本体1300円(税別)

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.7.5 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO