FASHION ― 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

見ずに死ねるか?超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

空港の視線を独り占め!ベルルッティのスーツケースに気絶!

2018.6.3 2018.6.3
2018.6.3
オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

美しさと強さを兼ね備えた、ヴェネチアレザー×パティーヌの最強コンビ

第23回目は、ベルルッティのフォーミュラ1004です。

 

96万5000円(税抜)/ベルルッティ

1895年にフランスで創業したベルルッティ。革靴に端を発する同ブランドは、いまやトータルブランドとして名を馳せていますが、やはり真髄はレザーアイテムにあります。そしてその技術、歴史、美意識のすべてが凝縮されたアイテムが、今回ご紹介するフォーミュラ1004ではないでしょうか。

ローリングスーツケースとして登場したフォーミュラ1004の最大の特徴は、やはりパティーヌが施されたヴェネチアレザー。同レザーは、ベジタブルタンニンなめしされたカーフを手作業で水染めすることで、ムラのある色合いに表現したもの。アンティークのような深みと艶やかさが同居する、独特の美しさを披露します。

そのグラデーションをより堪能するには、スーツケースはまさに打ってつけの大きさといえるでしょう。無論、お値段もビッグプライスですけどね。

ヴェネチアレザーは、強靭なことでも有名。スーツケースへの採用に、十分耐えうるレザーなのです。その見た目こそ重厚ですが、重さは4.8kgとレザー製にしては比較的手頃な重量に留めています。W35×H55×D22cmは、2泊3日程度の旅行にぴったりです。
ライニングのナイロンには、ヴェネチアレザーやパティーヌと並び、ブランドのアイコン的存在であるスクリット(カリグラフィ)が。静かで安定性の高いモールドポリウレタンキャスターをはじめ、同デザインのブリーフケース、フォーミュラ1001をセットアップできるストラップ付きなど、使い勝手の良い作りになっています。

一見して只者でないとわかる、パティーヌされたヴェネチアンレザー。こんなスーツケースを携えて歩く足元には、やっぱり同レザーのシューズをコーディネートしたいものです。


Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ベルルッティ・インフォメーション・デスク
0120-203-718
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/
 


 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO