CAR ― NEWS

精悍な顔つきに気絶!アストンマーティンからDB11 AMRデビュー!

2018.5.20 2018.5.20
2018.5.20

躍進が止まらないアストンマーティンレーシング

英アストンマーティンにとって、今年はメモリアルイヤーです。大戦後の1948年に初代DB1がデビュー。1960年代の黄金期にはDB5がボンドカーとしてスクリーンに登場し、アストンマーティンの名は広く一般に認知されることに。

そして、2018年。DBシリーズは生誕70周年を迎えました。その歴史は同社の動画「Aston Martin DB11 - Beautiful Is A Number」でダイジェスト的にご覧いただけます。

余談ですが、同じ70周年といえばポルシェの存在があります。こんな視点で2ブランドに注目し、今年のル・マン24時間耐久レースを見るのも一興でしょうか。

さて、現行型DBシリーズの最新トピックといえば「DB11 AMR」の発表です。現在のアストンマーティンのグレード構成は、グランドツーリング向けのスタンダード、レースのDNA を反映させたAMR(アストンマーティンレーシング)、サーキットスペックのAMR Proという3段構えが基本戦略。

 

というワケで、早速スペックのご紹介です。

ASTON MARTIN DB11 AMR
■ボディサイズ(mm)
全長:4750×全幅:1950(ミラー開:2060)×全高:1290
ホイールベース:2805
■パワートレイン
排気量と型式:5.2リッターV型12気筒ターボ
最高出力:447kW (630 bhp/639ps)/6500rpm
最大トルク:700Nm/1500rpm
トランスミッション:8速AT(トランスアクスル)
前後重量配分:51/49
ホイール前・後:Forged AMR Silver Non-Diamond Turned alloy wheels 9Jx20・11.0J x 20
タイヤ前/後:Bridgestone S007 255/40 ZR20・ 295/35 ZR20
■パフォーマンス
0-100km/h:3.7sec
最高速度:334km/h
■参考価格
£174,995

2016年のデビューから2年目。メモリアルイヤーに誕生したこのAMRは、スタンダード比+30hpの最高出力が目を引きます(最大トルクは同一)。

エクステリア&インテリアデザインも特別仕立てなのですが、本格的に手を入れたシャシーセッティングがAMRの真骨頂。スポーツ派には十分な対価となる価格差でしょうか。

気の早い方はAMR Pro仕様が発売されるのでは? とヤキモキするかと思いますが、これだけは予想の範疇を出ません。将来的にはどうなることやら。

ちなみに蛍光色のストライプが入った画像のモデルは同モデルの限定車「シグネチャーエディション」です。コチラは世界限定100台のレアモデルですが、仮に入手できなくてもビスポークプランの参考になるでしょう。

「DB11 AMR」はブレーキキャリパーだけでも6色のカラー設定がありますので、より幅広くビスポークメニューが楽しめる魅力的なモデルに違いはありません。V12エンジン搭載車という部分だけを抜粋しても魅力的であり、今後価値が下がることはないかも知れません。

Text:Seiichi Norishige

アストンマーティンジャパンリミテッド
03-5797-7281

■DB11 AMR - Beautiful dialled up to Eleven | Aston Martin

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.5.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO