FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

【本格派なのに街にも溶け込む】ザ・ノース・フェイスの名品とは?

2018.5.18 2018.5.18
2018.5.18

ハイスペックにして街にも馴染む、アーバンアウトドアの元祖

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第44回目は、ザ・ノース・フェイスのマウンテンライトジャケットです。

マウンテンライト3万6000円(税抜)/ザ・ノース・フェイス

今売れに売れているザ・ノース・フェイス。1966年に創業して以来、機能性と信頼性の高いウェアやギアを数多く世に送り出してきた同ブランドですが、昨今の高い人気を獲得した背景には、そのハイスペックを以てしてタウンユースに馴染むデザインに落とし込む巧みさがあります。

今回ご紹介するマウンテンライトジャケットは、まさしくそんな同ブランドにおける躍進の理由を見つけることができるアイテムです。マウンテンジャケット及びその進化系のマウンテンライトジャケットは、1990年代にストリートを中心に一大ブームを巻き起こした名作。折しも昨今は90年代リバイバルとあって、再び注目を集めています。

そのスペックは、2レイヤーのゴアテックスを採用した本格派ですが、ルックスはいわゆる古き良きマウンパの面影をにじませています。このエバーグリーンなデザインこそ、タウンユースでウケる理由。スペック自慢なデザインではどう着こなしても結局アウトドアな印象を拭えませんが、ハイテクにしてローな雰囲気を両立するマウンテンライトジャケットなら、様々なタウンコーデに溶け込むのです。

この優れたバランス感覚こそ、ザ・ノース・フェイスの真髄。同ブランドがなんたるかを知るには、通るべき道といえるでしょう。

ハイコントラストなバイカラーデザインも、人気の理由に。ブラックで切り替えたショルダー部分は、耐久性の高い70デニールのナイロンを採用し、バックパックを背負った時などの摩擦に耐えてくれます。
よりアウトドア性を求めるなら、こちらのクライムライトジャケットがおすすめ。ゴアテックスマイクログリットバッカーの採用により、Lサイズで270gという超軽量にして超コンパクトパッキングを可能にしたレインジャケットです。マウンテンライトジャケット然り、このバイカラーはザ・ノース・フェイスにおけるアイコン的デザインです。クライムライト3万円(税抜)/ザ・ノース・フェイス

アウトドアにおいて築いてきた「ザ・ノース・フェイスなら安心」という高い信頼性は、今やタウンウェアとしても確立したよう。梅雨ももう目の前とあって、なおさらその存在がありがたいですよね。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ザ・ノース・フェイス原宿店
03-5466-9278
https://www.goldwin.co.jp/tnf/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.4.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO