TRAVEL ― エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

スリ、紛失…干場流、海外の持ち物対策とは?

2018.5.11 2018.5.11
2018.5.11

必要最低限のモノがオールインワンで持ち運べます!

これを買うまではヴァレクストラのオーガナイザーを使っていたんです。シンプルで美しいデザインが気に入っていたのですが、パスポートホルダーが取り外して使える構造が曲者でして、便利なんですけど外れやすい……。それが僕にとっては難点で、薄手のつくりでジャケットの内ポケットに収められるのは良いんですけど、心配性の僕としては知らない間にパスポートホルダーが落っことしたらどうしよう、とか余計なことまで考えてしまうんですよね。

そんなとき見つけたのがこのブルネロ クチネリのトラベルオーガナイザーでした。2年ぐらい前だったかな。これもまたシンプルこのうえないデザインですが、ラウンドファスナーが付いているのがポイントで、セキュリティ面で安心できますからね。厚みがあるのでさすがにジャケットの内ポケットには収まり切れませんが、航空券やパスポートが入るオープンポケット×2、マチ付きの札入れ、小銭などを入れられるファスナーポケット、ペン差し、カードホルダー×9、名刺が入れられるマチ付きのカードポケットを装備していて、必要最低限のものをオールインワンで持ち運べる優れものなんです。

ただね、前回のピッティ取材のときに一緒に出張に行ったメンバーが携帯電話を紛失したり、スリ被害に遭ったりと踏んだり蹴ったりの事態に陥ったことを考えると、このオールインワン機能に安心し切っていると、逆にこれを紛失した際に思わぬ苦境が待っているのも明らかでして……。そんなわけで、出張にはこのオーガナイザー以外にもサイフを必ずふたつ持参するようにしています。で、ホテルに到着したら、オーガナイザーは部屋のセキュリティボックスに保管して、現金とクレジットカードはふたつのサイフに分散。そうすれば、万一スリに遭ったとしても全部やられる心配はないですからね。もちろん、現金はその日に使う分だけ持ち歩くようにして、ちゃんとリスクヘッジしておくことも大切です。

そうそう、話をこのオーガナイザーに戻すと、カードがすごくきれいに入るんですよ。見た目のことですけど……。表面はしっとりと手になじむシボ革を使っていますが、内装にはカーフを使用しています。こういう高級感があることも大事で、せっかくの旅ですから、気分がアガるモノを選びたいじゃないですか。これは旅行専用にしていますが、手にした途端、僕にとっては海外モードのスイッチが入る必需品になっています。

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.4.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO