FASHION ― NEWS

【10年先もきっと着る】ルイ・ヴィトンのジャケットが夏旅に効く理由

2018.5.12 2018.5.12
2018.5.12

シワを気にせず、ケアも不要! コンパクトに纏まるシアサッカー素材

「夏のリゾート旅行は楽しみだけど、なるべくワードローブは増やしたくはない」。人一倍オシャレにこだわりを持ちながら、旅先での身軽さも重視したいと考えるダンナの悩みもわかります。

一番に考えるべきは、荷物になるアウターを増やさないこと。その考えを突き詰めると、究極のネイビージャケットが1着あれば、すべて解決するのでは?という結論に達しました。行き帰りはもちろん、ホテルのチェックインからレストランでの会食。街での買い物やBARへ向かう際など、旅先のさまざまなシチュエーションに対応し、着回しも効くという理由に他ならないのです。

そんな大人の上質な旅を心から満足させてくれるネイビージャケットをルイ・ヴィトンにて見つけ出しました。それが、今回の主役であるシアサッカージャケットです。

ルイ・ヴィトンといえば、1854年に旅行鞄専門店からその歴史がはじまったラグジュアリーブランド。当時は、積み重ねしやすいように平蓋型にしたり、防水加工を施した特殊コットン素材を生み出すなど、旅を快適にする画期的なアイディアが評価されていました。プレタポルテがはじまったのは、1998年のこと。モード界のトップに君臨し、時代は移り変われど、常に旅は切り離せないコレクションのエッセンスになっています。

そんなルイ・ヴィトンの作りだすネイビージャケットだからこそ、旅行を楽しむ上でも気分が上がり、コンサバを好む大人にとって、極めてベーシックな1着と言えるのではないでしょうか。

素材には、涼感漂う上質なシアサッカー素材を採用。ドライタッチな肌触りが特徴なゆえ、汗ばむ夏の旅行も実に快適です。生地表面の凹凸によって、シワを気にすることがないため持ち歩くのにも便利。副素材を一切使わず軽量化されたコンパクトなデザインのため、纏めて収納できるのがキモ。ブルゾン感覚で気軽に羽織りながら、最高の着心地を楽しむことができます。

ただし、価格は30万円オーバーと少々お高め。しかし、流行に左右されないベーシックなデザインとハイクオリティさゆえ、10年先の旅行だって着続けることができます。

ジャケット31万3000円、カットソー4万3000円、ジーンズ10万2000円、シューズ9万7000円、バッグ11万1000円(全て税抜)/ルイ・ヴィトン

あとは、最低限のコーデアイテムを用意すればOK。例えば、白Tにブルージーンズ、レザースニーカーでベーシックなコーデを組めば、ジャケットの上質さが際立ちリラックスした雰囲気も演出できます。

パートナーをエスコートするなら、コレくらい普通で良いんです。あとは、豪華なアクセサリーよりもジャケットが似合う鍛えたボディさえ手に入れば完璧。ルイ・ヴィトンのネイビージャケットが、旅行のモチベーションを高めて、大人の装いに自信をつけてくれます。

もちろん、オン、オフ問わず普段の生活の中でもガシガシ使えますのでご安心を。ここは妥協せず、いつもより予算を高く設定して、後悔しない理想的な1着を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Photo:Photo:Shimpei Suzuki
Styling,Text,Model:Satoshi Nakamoto

 

【問い合わせ】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854
www.louisvuitton.com

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO