CAR ― NEWS

鼻息荒そうなグリルに気絶! AMGのGクラス、日本への納車はいつから?

2018.5.8 2018.5.8
2018.5.8

お値段1.5倍の価値あり。新型Mercedes-AMG G 63デビュー!

人気のSUVマーケットにおいて、2018年デビューの大物といえばメルセデス・ベンツのGクラスです。1979年のデビューから現在に至るまで、同じ車名で継続生産されるご長寿モデルであり、また、同ブランドでもっとも歴史あるモデルです。

 

 

Gクラスはタフネスで有名ですが、米国のJeepと並び軍用車両の民生版というのがそのルーツ。強靭なラダーフレームは新型でも踏襲され、この骨太な作りも双璧に共通する部分なのです。

さて、新型Gクラスのローンチがいよいよ始まるということで、新規プレスリリースが発表されました。で、ライフスタイル世代のワレワレが気になるのは(ストックモデルはひとまず置いといて)、やはり❝AMG❞であります。

新型「Mercedes-AMG G 63」は、吊るしのG500とどう違うのか? やはりAMGですから、当然、エンジンスペックが気になります。傍目には、エンジン形式、排気量、ボア×ストロークはストックと変わりませんが、パフォーマンスはさすがにAMG。データだけを見てもワクワクします。

このクラスともなれば、数字はあくまで参考値。そのモデル本来の魅力の一端に過ぎないことをあらかじめお断りしておきます。ちなみに( )内はストックのG500のデータとなります。

Mercedes-AMG G 63
排気量とエンジン型式:4リッターV型8気筒ターボ
最高出力:430kW・585hp/6000rpm(310kW・422hp/5250-5500rpm)
最大トルク:850Nm/2500-3500rpm(610Nm/2250-4750rpm)
トランスミッション:AMG SPEEDSHIFT TCT 9G(9G-TRONIC)
0-100km/h:4.5sec(5.9sec)
最高速度:220km/h・AMG Driver's Package装着車240km/h(210km/h)


ホイール:9.5J×20(7.5J×18)
タイヤ:275/50R20(265/60R18)
ボディサイズ:全長4873(4817)×全幅1984(1931)×全高1966(1969)mm
ホイールベース:2890(2890)mm
トレッド前/後:1654/1654(1638/1638)mm
参考価格:€148,435(€107,040.50)

エクステリアの相違点で目を引くのは、近年のメルセデスAMGのアイデンティティである❝AMGパナメリカーナグリル❞が特徴的でしょうか。両車を並べれば一目瞭然で、ストックはエレガント、AMGはワイルドな印象です。

パフォーマンスも去ることながら、AMGの魅力はインテリアにあります。カンタンに言えばストックより素材や仕上げを含め、ビスポークのメニューが違うのです。

最後に新型「Mercedes-AMG G 63」の日本導入次期の予想です。ドイツ本国では6月から。日本と同じ右ハンドルを導入する英国では8月から販売が開始されます。日本では現行型Gクラス(限定車)の納車が8月まであることから、正式な受注開始は早くて7月(希望として)。順当なら9月と予想します。

いち早く入手したい方はディーラーへひと声かけておきましょう。特別内覧会などVIP待遇のご案内状が届くかも知れません。

Text:Seiichi Norishige

メルセデス・ベンツ日本
0120-190-610(メルセデス・コール)

■Mercedes-AMG G 63 Full Trailer

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO