FASHION ― NEWS

【編集長干場が即買い!】
「ES:S(エス)」のトレンチコートとは?

2018.4.20 2018.4.20
2018.4.20

王道でありながら、時代の流れも掴んだビッグシルエットコートの決定版!

いや〜久しぶりに、ビビビ〜ッと背中に電流が走り、2週間前に伊勢丹メンズ館で購入して以来、毎日のように着ているのがこのコートです。

「ES:S(エス)」というブランドのトレンチコートなんですがご存知ですか? これが実に良く出来ていまして……。まさに今、大人が着たくなるようなコートなんです。

キモは、なんといっても着た瞬間にカッコ良く見えることと実用的で使えること。大人に似合う王道な見た目をしていながらも、ちゃんとイマドキの空気感を含んでいるんです。タイトなアウターがちょっと古ボケて見えてきたタイミングで、この大人のビッグシルエットなさじ加減は、まさにドンピシャ!

丸みのあるラグランスリーブの少し落ちたドロップドショルダーといい、風を孕んだ時に優雅に見える長めの着丈といい、ボタンを上まで閉めて着た時に出る丸みのある胸のカッティングや襟元の表情といい、実にバランスが計算されているんです。

ウエストのベルトをギュッと締めて着ればクラシカルなラップコート風になるし、ベルトを締めずにボタンを留めて着ればAラインのコートになるし、いろいろな表情が楽しめるのもキモ。

軍物が出自のトレンチコートならではの男っぽさは残しながらも、極限まで無駄なディテールを削ぎ落としシンプルなデザインにしているのもポイントです。トレンチコートならあるべき、エポーレット(肩章)やショルダーパッチ、D管なんていうディテールも無いでしょ。だから野暮ったくない。というか、だからモードな雰囲気すらも感じさせてくれるんです。1990年代のジョルジォ アルマーニのデザインを彷彿とさせる男っぽさとエレガンスが同居しているというか……。

「ブランド自体は2014年からと若いブランドなんですが、このトレンチコートは既に人気のカタチになっていまして、春夏、秋冬と素材を変えて毎シーズン作っているほど人気なんです。ヨーロッパの海軍や陸軍など、ヴィンテージの軍物の機能的なデザインをイマドキの素材やデザインで落とし込んでいて、たっぷりとしたサイズ感で大人の方に着て頂きたいですね」と「ES:S(エス)」のコートを取り扱うセコンド ショールームの吉田さんも仰っていました。

「伊勢丹では昨年から扱っているのですが、クラシカルなヘルノやムーレーが置かれている5階のフロアでは珍しく、着丈長めでラグランスリーブという、トレンド感のあるビッグシルエットのコートなんです」と伊勢丹メンズ館の武さん。

素材は、しなやかなナイロンタフタ。高密度だから撥水性もあるので多少の雨でも全然OK。クルクル丸めてバッグの中に入れておいても軽くてシワになりにくいから、パパッと出してすぐに着られるのも魅力なんです。色は、写真の限りなく紺に近い黒と、ベージュの2色展開。サイズは、0、1、2、3の4サイズで、ちなみに僕が着ているのは2です。値段は5万8000円(税抜)というのもお手頃でしょ。ということで、先日、2着目のベージュも手に入れてしまいました(笑)

ちなみに伊勢丹では、写真のような4ポケットのブルゾンも扱っております。

スーツやジャケパンなどのビジネススタイルに合わせられるのはもちろん、Tシャツにリブパン、スニーカーのように、イマドキのスポーティカジュアルなスタイルに合わせてもキマリます。雨の日にも、出張にもガシガシ使えて、着るだけでカッコ良く見えるこのトレンチコート。ぜひ2色買いしてみてはいかがでしょうか? 早く買わないと無くなっちゃいますよ〜!

Photo : Naoto Otsubo
Styling,Text,Model:Yoshimasa Hoshiba

トレンチコート5万8000円(税抜)

【問い合わせ】
セコンド ショールーム
03-3794-9822
www.sekond.jp/

伊勢丹メンズ館
03-3352-1111
www.isetan.co.jp/mens

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.4.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO