LIFESTYLE ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

スリムでパワフル! 理想の掃除機を生んだのはやっぱりダイソンでした

2018.4.10 2018.4.10
2018.4.10

パワフルだけどゴツくね? なんてもう言わせません!

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第33回目は、ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナーです。

V10 フラフィ 7万5384円(税込)/ダイソン(ダイソンお客様相談室)

一般的に掃除機は2つのタイプに分類されます。コード付きのキャニスター型(本体に車輪がついててゴロゴロひくアレね)とコードがないスティック型。掃除機として最も重要とされる吸引力は、やはり前者が勝ります。しかし、後者はコードレスなので小回りがきいて省スペース。うーん、どちらを選ぶか悩ましいところですが、わがままを言えば吸引力のすごいスティック型があればいいんだけど……。はい、そのわがまま、ダイソンが叶えちゃいました。

このダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナーは、コード付きのキャニスター型よりも確実にゴミを吸い取る、パワフルな吸引力を持つコードレスのスティック型。まさに夢の掃除機なんです。開発者ジェームズ・ダイソン氏が「もうコード付きの掃除機を開発するのを止めた」と言っちゃうほど。

そのパワフルな吸引力の要となっているのが、新開発されたダイソン デジタルモーター V10です。ダイソン史上最も小型で軽量、そしてパワフルな性能を持つこのモーターが完成したことによって、構造も刷新。クリアビン、サイクロン、モーターを直線的に配置できるようになったことで、ヘッドからモーターまでの空気の流れが効率的になり、モーターのパワーと相まってダイソン史上最高の吸引力が実現したのです。さらに、このモーターの恩恵はデザインにも反映。本体部分がコンパクトになってスタイリッシュになりました。

そして、進化したのは吸引力だけではありません。クリーナーヘッドも進化し、カーボンファイバーブラシによって微細なホコリまで除去。ゴミ捨て機構も新しくなり、より衛生的で簡単になりました。また、バッテリーも改良され、駆動時間は最長60分。前モデル「V8」よりも約20分も長くなったのです。もちろん、ハンディクリーナにもなりますし、ダイソンらしくアタッチメントも豊富。ほんと、これ以上ない“わがままをカタチ”にした掃除機なんです。

新開発されたダイソン デジタル モーター V10は、電流を高速に切り替えることで小型かつ軽量に。さらに、毎分最大12万5000回転というダイソン史上最高速を実現し、パワフルな吸引力が生み出されることになった。また、圧力センサーを搭載し、使用している場所の高度、気圧、気温や天候を読み取り、その場所に最適で最高のパフォーマンスを発揮できるように調整できます。
14個のサイクロンを同円心状に配置。7万9000G以上の遠心力を生み出し、微細なホコリや粒子を空気から分離。これによって、ゴミやホコリをフィルターに付着することを防ぎ、変わらないパワフルな吸引力を維持します。

さらにはフィルターの性能も高く、0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%掃除機内にとどめ、部屋の空気よりもきれいな空気を排出します。となると、どんどん掃除がしたくなっちゃいますね。これ買って、掃除当番を買って出てみるのもいいかも。掃除が楽ちんなことは奥様には内緒でね。

Text:tomomi nishihara

【問い合わせ】
ダイソンお客様相談室
0120-295-731
https://www.dyson.co.jp
 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.3.30 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO