FASHION ― オシャレはセレブに学べ!

90年代再ブーム! 大人の渋みを出すGジャンの着こなし方

2018.4.8 2018.4.8
2018.4.8

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、その着こなしやアイテムをご紹介。今回は、大人の渋みを出すGジャンの着こなし方について学びたいと思います。

LESSON.214 大人の渋みを演出するGジャンの着こなし方

©gettyimages

90年代に大流行した懐かしのデニムジャケット、通称「Gジャン」がアメカジブームの波に押され、ファッショニスタの間で今季注目の的になっています。その証拠に干場編集長も、リーバイス® で通称セカンド(2nd)と呼ばれる「TYPE II トラッカージャケット、1953年モデルの507XX」をカスタマイズして購入するなど、こだわりも半端ないんです。

そこで今回は、デニムジャケットを大人っぽく着こなすコーデ法をライアン・ゴズリングから学びたいと思います。

©gettyimages

ナチュラルに色落ちしたインディゴブルーのLeeの101-Jをチョイスしたライアン・ゴズリング。ポイントは、90年代を彷彿させるような肩が落ちるほどのオーバーサイズであること。この絶妙なサイジングによって、定番アイテムでありながら、トレンド感を簡単に演出できるんです。

さらに、ゆったりとしたフォルムによってリラックスした大人の余裕も感じさせられます。フロントボタンは すべて外してラフに羽織るのがキモ。パンツは、デニムジャケットが馴染むようにネイビーで統一しているのですが、よく見るとクリース入りの綺麗めなデザインをチョイス。このパンツ選びこそが、Gジャンを大人に見せる重要な鍵になるのです。

また、ブーツやサングラス、ネックレスは明るめのブラウン調で統一し、上品な色合わせ、アズーロ・エ・マローネ(青と茶)を演出。レトロな雰囲気を醸し出すべっ甲フレームのサングラスやヴィンテージウォッチによって、小僧では真似できない大人の渋みを加えているのです。ぜひ、ダンナも一生を共にできる相棒(Gジャン)を探しに出掛けてみては?

Text:Satoshi Nakamoto

   【ライアン・ゴズリングのように装うならこんなアイテムがオススメ】
ウォッシュドコットンジャケット 5万4000円(税抜)/ヤコブコーエン

ほんのりタフでハードなイメージですが、フレンチワークにも通じるクリーンでスマートな雰囲気を漂わせるJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)の3rdタイプジャケットはGジャン感覚で着られるクセの無いデザインを採用しているところがポイントです。

クルーネックカットソー 1万1000円(税抜)/マイ ストーリー

上質な素材に加えネックのラウンド加減やごわつかない袖丈など全体のバランス感覚が素晴らしく、それだけで至高のカットソー認定をしてしまうところですが、更に一点一点職人により縫製されているというプレミアム感まで加わった、made with pride過ぎるカットソーかと思います。

ストレッチコットンパンツ 3万4500円(税抜)/インコテックス

スラックスのディティールを受け継ぎながらも、遊び心ある自然的な加工やステッチワークにデザインや素材感、上品にバランスが取れたアクセントが特徴的な一本です。
タイトフィッティングとテーパードが利いておきながら、ストレッチが利いているので履き心地も抜群。

カーフマウンテンブーツ 6万3000円(税抜)/パラブーツ

登山靴の原型ともなっている細く長いシャモニーラストに、防水性を非常に高めるノルヴェイジャン製法の本格的な仕上げ。ソールには柔らかい履き心地で耐久性に優れたジャンヌソールを使用。PARABOOTSでは全てのパーツをフランスの自社工場で生産しており、ソールを自社生産しているのは世界でこのパラブーツだけです。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.4.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO