CAR ― NEWS

【悩みはガレージだけ?】フォルクスワーゲンのポロが巨大に進化です

2018.3.6 2018.3.6
2018.3.6

さりげない大人の色気がただよう一台

間もなく6代目となるフォルクスワーゲン(以下、VW)の新型ポロが登場します。現状では3月中旬発売予定とのアナウンスですが、すでにディーラー各社は絶賛受付け中!

全面的に刷新された新型は、ついにボディサイズが大きくなり3ナンバー枠に。車幅もドアミラーを含めれば1.8mオーバー(おそらく)。これまで5ナンバー枠のボディサイズだっただけに、新型はガレージスペースに収まらない方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、そんな懸念はさておき、中身は確実に進化を遂げた様子です。エントリーモデルは1リッター直列3気筒ターボエンジン搭載となり、感覚的にはやや寂しいものの、走りと環境性能を両立させるには致し方ありません。

で、フォルツァ世代が選ぶべき新型ポロのグレードは、ズバリ遅れて投入される走りの❝GTI❞です。何かと硬派なイメージが付きまといますが、ルックス、質感、ネームバリューと三拍子揃い踏み。デキる男のクルマなのです。

そして、クルマ好きの方に申し上げておくことがひとつ。GTIのローンチ時はAT免許もOKなDSG搭載車ですが、男気あふれるマニュアルミッション搭載車も追加されます。

それでは、新旧スペックの比較です。

新型VWポロGTI(本国仕様)
■ボディサイズ
全長:4067×全幅:1751×全高:1438mm
ホイールベース:2549mm
■エンジン
排気量と型式:2リッター直列4気筒ターボ
最高出力:147kW(200ps)/4400-6000rpm
最大トルク:320Nm/1500-4400rpm
トランスミッション:6速DSG
駆動方式:FF
タイヤ:215/40R18
価格:未定


2018年、WRC(世界ラリー選手権)に「ポロGTI R5」で復活するフォルクスワーゲン拡大画像表示

現行型VWポロGTI(日本仕様)
■ボディサイズ
全長:3995×全幅:1685×全高:1445mm
ホイールベース:2470mm
■エンジン
排気量と型式:1.8リッター直列4気筒ターボ
最高出力:141kW(192ps)/5400-6200rpm
最大トルク:250Nm/1250-5300rpm
トランスミッション:7速DSG
タイヤ:215/40R17
価格:327万9000円

サイズ的にみて現行型に魅力を感じる方は、猛ダッシュでお近くのディーラーへ。今ならまだ新車でGTIがお求めになれるラストチャンスです。


ツーリングカーレースはそのベースモデルとなる市販車の基本構造がポテンシャルを左右する拡大画像表示

しかし、もう少し大きければと思われていた方も少なからずいらっしゃるはず。新型ポロはインテリアに華やかさも加わって、大人の審美眼に叶う進化を遂げています。ブツヨクをそそる1台がまた増えてしまったようです。

Text:Seiichi Norishige

フォルクスワーゲン グループ ジャパン
0120-993-199(フォルクスワーゲン カスタマーセンター)

■The new Volkswagen Polo - TV commercial

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.5.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO