WATCH ― NEWS

【オーデマ ピゲ】プレシャスな素材使いの「ロイヤル オーク」のブティック限定モデル

2018.2.25 2018.2.25
2018.2.25

美観と実用を完璧に満たす。プラチナ×チタンのコンビ使いに注目です!

スイスのジュウ渓谷のル・ブラッシュに拠点を構えるAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)は、1875年の創業の老舗ブランドであり、高級時計の世界において、今もなお創業者一族によって経営される最も歴史のあるマニュファクチュールです。

その歴史や伝統を紡いできた大きな要素の一つが、時代のニーズを的確に捉えた“革新的なアプローチ”にあります。それは超絶的な複雑機構に限らず、デザインや外装にも同じことが言え、“クオーツショック”最中の1972年に、天才時計師ジェラルド・ジェンタによるステレンススチール製のラグジュアリーなスポーツウォッチ「ROYAL OAK(ロイヤル オーク)」の開発は、その代表的な事例として挙がります。

1月に行われたSIHH 2018でも“伝統と革新”を体現する数々の話題作が発表されたなかで、大きな話題となったモデルの一つが、こちらの「ROYAL OAK “JUNBO”EXTRA-THIN(ロイヤル オーク・“ジャンボ”・エクストラ シン」のブティック限定モデルです。

オーデマ ピゲの十八番である「プチ・タペストリー」模様の美しい文字盤。

このモデルの特徴はずばり、1972年発表のオリジナルモデルのデザインをベースにありそうでなかった素材を組み合わせたことにあります。ケースとブレスレットには軽量かつ強度が高いチタンを、ベゼルとブレスレットの一部にプラチナを使用することで独自のラグジュアリー感を醸し出すことに成功しています。

美しい調和をもたらす理由として見逃してはならないのは、「ロイヤル オーク・“ジャンボ”・エクストラ シン」の完成されたデザインです。初代「ロイヤル オーク」から踏襲した薄型かつ小ぶりのケースやサイズ感があるからこそ、この独特の雰囲気が生まれるのです。

美しさを保ちつつ、なおかつ傷にも強い。どこから見ても完璧な仕上がりに思わず惚れ惚れしてしまいそうです。

Text:Tsuneyuki Tokano

ROYAL OAK “JUNBO” EXTRA-THIN
Ref.15202IP.OO.1240IP.01、自動巻き、チタンケース、プラリナベゼル、チタン&プラチナリングブレスレット、39mm径、50m防水/345万円(税抜)

【問い合わせ】
オーデマ ピゲ ジャパン
03-6830-0000
http://www.audemarspiguet.com/jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.8.8 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO