FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

名作ブルゾン【バラクータ G9】じわじわ人気上昇中

2018.2.2 2018.2.2
2018.2.2
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

アラフォーになると無性に着たくなる バラクータのG9

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第14回目は、ブルゾンのアスペクトレシオを生み出した バラクータです。

スタジャンやトラックジャケットなど、スポーツからカジュアルアイテムとして広く派生したアイテムは沢山存在します。その中にあって、バラクータのG9は異質な存在と言えます。ゴルフ用アウターを出自としながら、その魅力が語られる際には、スポーツ選手を通してではなく、俳優を通してですから。しかも、スティーブ・マックイーンや高倉 健など、名優ばかり。

創業は1937年、イギリス・マンチェスター郊外のオールドトラフォード。1947年に、英国軍が採用していたブルゾンをベースにした、ゴルフ用アウターG9を発表します。実は創業当初はレインウェアを手がけていた同ブランド。G9にも、当初採用されていた高密度で織り上げたコットンポプリン地やアンブレラヨークに、その片鱗が覗きます。その他、ラグランスリーブやフラップ付きポケット、またチンストラップと一体になった通称ドッグイヤーと呼ばれる襟など、ブルゾンにおける様々な王道を生み出したG9。まさに、ブルゾンにおけるエポックメイキングな1着です。

裾と袖先は風の侵入を防ぐためにリブ仕様に。ジップは、スイング時のウエスト周りの窮屈感を解消するダブルジップ仕様です。生地はコットン×ポリエステル。発売当初は、繊維の長いエジプト綿を高密度に織り上げることで、防風性を確保していました。
裏地には、登場以来採用され続けているフレイザー・タータンチェックが鮮やかに主張します。現行モデルでは、クールマックスを採用するとともにシルエットも細身になるなど、時代に即してアップデートされています。

ブルゾンにおける黄金比を確立したG9は、基本形を変えることなく長い間支持され続けています。ゆえに、ともすればオジサンな印象を抱く人もいるようですが、なんでも昨今は英国ブームに乗って若者の間でも人気を集めているとか。となれば、父親世代の着こなしを間近で見続けてきた40男として、負けてはいられませんね。

4万6000円/バラクータ

Photo:Riki Kashiwabara
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

問い合わせ先/
エリオポールメンズ銀座
03-3563-0455
http://www.baracuta.com/
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO