FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

【あなたもきっと騙される】ラクなのにドレス! 織り柄ジャージーの進化とは?

2018.1.23 2018.1.23
2018.1.23

今どきジャージーは、見た目に“いかにも”じゃないのがミソ

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第11回目は、ジャージー3ピースの革命児 チルコロ1901です。

クラシックトレンドと言いながらも、その着心地にはやわらかさが求められる昨今。コンフォートというキーワードは、もはやドレスにおいても欠かせない定番要素となっています。

そんな中、存在感を強めているのが、今回ご紹介するチルコロ1901です。チルコロ1901は、イタリアのバーリに本社を構える、テキスタイルカンパニーのS.G.L.社が2009年にスタートさせたブランド。テキスタイル事業で培った経験を生かした、ジャージー生地を使ったアイテムを主力とし展開しています。同ブランドの魅力は、「イージーにして、クラシックである」をテーマに掲げる通り、着心地はコンフォートでも見た目にはちゃんとしていること。

今回ご紹介するアイテムも、ストレッチを十分に効かせたジャージー生地を採用しながらも、クラシックな3ピースで提案しています。さらには、高度なプリント技術にも注目。手に取っても織り柄と騙されるリアルなプリント技術により、ジャージー生地の特性を損なうことなく、見た目にはいかにもスポーティな感じを抑制しています。ビジネスで許されるジャージー3ピースが作れるのって、ここぐらいです。

英国調クラシックがトレンドの今、共地のベスト付き3ピースでの提案はタイムリー。生地こそコンフォート&スポーティなジャージーですが、シルエットはストイックな細身で、各ディテールも見た目にはちゃんとテーラーリングに沿っています。
ご覧ください、この伸び伸びストレッチを。コットンにポリウレタンを7%も混紡することで、かなりのストレッチ性を実現しています。しかし、その表面にメランジ調のヘリンボーン織り柄をプリントすることで、見た目にはジャージー感がなく、あくまでクラシック顔に留めてくれます。

コンフォート時代の革命児として彗星の如く現れ、今ではジャージージャケットやセットアップ、スリーピースにおける定番ブランドとして君臨しているチルコロ1901。そろそろ四十肩が気になりはじめたという人にとっても、救世主となってくれることでしょう(笑)。

ジャケット 6万4000円(税別)、ジレ2万9000円(税別)、パンツ3万1000円(税別)/すべてチルコロ1901

Photo:Tutomu Kashiwabara
Edit:Noriaki Osaki
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
トヨダトレーディング プレスルーム
03-5350-5567
www.toyodaco.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.1.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO