WOMAN ― NEWS

【男性必見】本当に女性が求めているペッティングとは?

2017.12.16 2017.12.16
2017.12.16

挿入よりも大切なこと、できてますか?

「Aはキス、Bはペッティング、Cはセックス」……こんな言葉を聞いたことはありませんか? AとCはわかるけど、Bはちょっと想像がつかない、という人も少なくないはず。1980年代ごろに流行った言葉ですが、今では段階がごちゃごちゃになってしまっていて、「ペッティング」という言葉自体をあまり聞かなくなってしまいましたよね。

そんな忘れかけられている「ペッティング」ですが、実は何よりも大事な段階だったりするんです。そこで、今回は本当に女性が求めているペッティングについて徹底解説していきます!

■ペッティングとは

一言で言えば、男女の性器が触れ合わない愛撫のこと。一般的には挿入前の愛撫を指しますが、風俗などでは挿入以外の全ての性行為をペッティングと位置付けているそう。元々は愛玩物という意味で「ペット」から来ている言葉です。

■女性の本音

本当にペッティングが「女性が本当に求めていること」なのか? ……皆さまさぞお疑いのことでしょう。実は、女性がペッティングで感じる満足度は男性が思っているよりもだいぶ高いのです。

それというのも、多くの男性がすぐ挿入しようとするから。すぐ挿入しようとする男性が多い、と感じている女性は60%以上、そしてそれを嫌だと感じている女性はかなり多く、80%以上にものぼると言われています。

そして、挿入なし・ペッティングだけでも満足できるという女性は意外にも多いもの。男性は、自分が勃起したからといって相手も興奮していると思い込んではいませんか?

■なぜ男女で差が出るのか

では、なぜ男性に比べて女性がよりペッティングを求める傾向にあるのでしょうか。

性的興奮が高まると、男女ともに「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。別名「幸福ホルモン」「抱きしめホルモン」などとも呼ばれるものですが、スキンシップによって分泌されることが多いそう。そして、このオキシトシンは男性より女性の方が30%も多いのです。ですから、女性は抱きしめられているだけでも幸福感を得られるということです。

しかし、男性は更に興奮して勃起すると、オキシトシンの濃度が下がり、代わりに「テストステロン」という男性ホルモンが分泌されます。これが多く出ると、攻撃性が高まり、がっつくようなセックスに移行してしまうのです。

■どこまでがペッティング?

いまいちつかめないのが、どこからどこまでがペッティングなのか、ですよね。ですが、難しく考えなくとも良いのです。

これは、手をつなぐ、髪をなでる、キスをするなど、陰部への挿入以外なら全て当てはまるからです。更には、緩急をつけたりしてバリエーションを増やすこともできます。

由来の「ペット」という言葉も、(日本ではあまり知られていないですが)愛情を注ぐ対象、小さな恋人、友達という意味が含まれているそう。愛情をたっぷりもって接すれば何でもペッティングになるということですね。

■スタンダードなペッティング

次に、どのようなペッティングをすれば良いのかをお教えします。初心者から「風俗みたいにハードなことがしたい!」という人まで使える知識をご紹介。

・全身へのキス

「Aはキス、Bはペッティング~」で考えれば、キスはペッティングに含まれないのでしょうか? 否! Aが表すキスとはあくまで口と口のキスのこと。全身にするキスはペッティングに含めてOKなのです。全身リップとも言いますが、パートナーに合わせて色んなところにキスしてあげてください。

・素股

女性の股にペニスを挟み、手と太ももの動きで擬似的に挿入の快感を味わうことです。風俗などで「本番の代わり」にすること、と思われがちかもしれませんが、マスターすると挿入よりも快感に繋がる場合があります。陰部を擦り合わせるという状況そのもの、視覚的効果で興奮が高まりやすくなるのでオススメです。

素股って実は超気持ちいいって知ってた? 絶対失敗しないやり方とコツ

・フェラチオ

男性側からすればかなり重要な前戯です。女性向けのポイントになりますが、注意する点は

①ヌルヌル感を保つ
②愛撫やキスは、最初は遠いポイント(太ももなど)から徐々に近づくように愛撫することで、男性の意識をペニスに集中させる
③刺激に緩急をつける

などが挙げられます。フェラチオを頑張ることで、多くの男性は満足感が高まります。興奮を高めるためには修得必須ですね!

・シックスナイン

シックスナインは、どうしても一方的になりがちなペッティングの中で「相互に」気持ちよくし合えることのできる行為です。恥ずかしいという人も多いですが、2人で快楽を得るには本当に有効と言って差し支えありません。シックスナインの方法・コツなどはこちらを参考にどうぞ!

【男性向け】シックスナインを確実に成功させるコツ


・前立腺マッサージ

ちょっと上級者向けのペッティングがこちら。前立腺は精子を作ったり活性化したりするための男性にしか備わっていない器官ですが、そこを刺激すると今まで味わったことのないほどの快感(ドライオーガズム)が生まれます。女性に手伝ってもらうときは、ワセリンや手袋の準備を万端にして、勇気を出して頼んでみましょう。抵抗感のある女性も多いとは思いますが、興味を持ってくれたら万々歳!

■ペッティングの方法

・がっつかない

先程から書き続けてきた通り、ペッティングにおいて焦りは禁物。挿入を焦るのはもってのほかですし、ペッティング自体もゆっくり柔らかに進めないといけません。女性は安心感があって初めて気持ちよくイケるもの。ここは男らしく力強くしないで、ねっとりと地道に行くのが最適解でしょう。

・オイルやローションを使う

女性の体は、ペッティングをすることでセックスを受け入れる態勢に入ります。もちろん男性もそうですが、マッサージオイルやローションを使って滑りを良くしておいた方がすんなりとペッティングができるはず。お風呂であればボディソープなんかも有効かもしれませんね。

・全身を性感帯だと思って

女性の性感帯はバラバラです。胸なら感じるだろう、などという思い込みは捨て去り、相手が感じそうな場所をくまなく触ってあげましょう。また、日常での動作(手をつなぐ、腰に手を回す)なども広義にはペッティングに含まれます。どこに触れる時も愛情を持って接することを意識すると◎。

■本能とペッティング

セックスは、もちろん子孫繁栄に直結します。そこでペッティングはどのような役割を持っているかというと、実は女性は「自分を捨てないかどうか」を本能で判断しているのだそう! 勇み足で挿入を要求してくる男性よりは、時間をかけてしっかりペッティングをしてくれる男性の方が愛を感じませんか? それは女性が子育てをする際に自分を守ってくれる男性であるかどうかを認識する回路が働いているのです。なるほど……理に適っていますね。

■まとめ

ペッティングは、時間をかけて相手の心と体を開いていくものです。色々実践するのは恥ずかしいかもしれませんが、スキンシップを通した愛情表現だと考えると良いでしょう。ぜひペッティングで相手に「好き」を伝えてみてください。

 

Text : K.S.
Photo : Getty Images

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.1.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO